62b335d6.jpg 1-2 名前:依頼@台風0号φ ★ 投稿日:2009/03/09(月) 23:39:40 ???
 今の日本人は膨大な負担を将来世代に押しつけている。膨れあがっている政府債務はその典型である。政府債務はすべて子供や孫の世代の税負担となることを忘れてはならない。将来世代に負担を押しつけていくような社会の将来は暗い。そして将来の展望が見えない社会では、現在だって活力は生まれない。私たちは今ある制度の一つ一つについて、若い世代に不当な負担を押しつけるものがないか検証しなくてはならない。
▽ソース:FujiSankei Business i
 そうした視点から、雇用制度などでもきちっとした検証がなされなくてはならない。バブル崩壊後の厳しい雇用情勢の中で、就職氷河期世代が生まれてしまった。

多くの若者がまともな職につく機会を奪われ、今にいたるまでその後遺症は続いている。そして、このままの状況では、今回の不況でまた大量の第2次就職氷河期世代が生まれてしまうことが懸念される。


 景気の好不調によって雇用機会が変化するのには仕方ない面はある。しかし、終身雇用が確立している日本では、たまたま新卒採用の時期に不況にあたった若者は、その後一生不況の後遺症に悩まされることになるのだ。



 現行の日本の雇用制度や雇用慣行では、正規労働者があまりにも保護されすぎており、結果的に若者が排除される傾向がある。雇用確保の責任を企業だけに押しつけすぎている日本の制度の欠陥である。

すでに企業に正規労働者として雇われており、 「指定席についている」 人たちは、手厚く守られているが、新たに労働市場に参入してくる若者はそれだけ不利な地位に置かれることになるのだ。雇用責任を負わせられた企業としては、不況下でそう簡単に新規採用に踏み切ることは難しいからだ。



 労働経済学の世界では、こうした現象を「インサイダー・アウトサイダー問題」と呼ぶ。正規雇用労働者であるインサイダーの権利が強くなるほど、非正規雇用労働者や若者などのアウトサイダーが市場から不利な扱いを受けることになる。

すべての人を正規雇用労働者並みにすればよいという乱暴な議論もあるようだが、インサイダーを作れば、かならずその外にアウトサイダーが生まれるのだ。それが職を得られない若者か、それとも不当な扱いを受ける非正規労働者か、さもなければ失業者かの違いはあるだろうが。いずれにしろ、アウトサイダーからスタートせざるを得ない若者がもっとも不利な状態に置かれることになる。


 日本の雇用制度は重要な転換点に来ている。企業だけに雇用責任を押しつけるのではなく、政府や社会が雇用を作る仕組みに転換する必要がある。北欧やオランダなどで行われているように、企業にもっと解雇の自由を認めると同時に、職を失った人の転職と所得保証を徹底的に政府が面倒を見る制度を検討する必要がある。


解雇の自由度が高まればこそ、企業ももっと気軽に新規雇用に踏み切れるというものだ。雇用の流動化を高めることは、構造変化の激しい経済の実体に適応することでもある。

ある人から聞いた話だが、デンマークでは職を失うとおめでとうといわれることがあるという。先のない産業や企業にしがみつくのではなく、将来性の
ある職種に転換できるチャンスが生まれるということだろうか。

▽執筆者 (Wikipediaより引用)
伊藤 元重:日本の経済学者。東京大学教授。専門は国際経済学、ミクロ経済学。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%85%83%E9%87%8D


594 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 03:12:34 hVzpVk4X
しかしながら>>2のinsider-outsider理論の説明がなんだかなぁww

「賃金*は労組と経営者の交渉のみにより決まる」とまず仮定した時に
→失業者などのoutsiderは交渉に参加できない
→よってoutsiderが賃金*より低い条件を提示して雇用してもらうことができない
→よって賃金は高止まり、かつ、失業率は下がらない

ってのがinsider-outsider理論


607 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 06:39:52 DjDZ69yF
>>2
失業した人に「おめでとう」というのは“失業保険や生活保護で
楽して稼げるんだね。勝ち組だね。”という意味かもしれない
から、背景をよく調べた方がいいだろうね。


7 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/09(月) 23:53:37 eh72Yrds
先ず隗より始めよ
公務員や>>1の大学教員から解雇の自由を始めて
それで効果があったら民間でもやればいい


15 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 00:04:24 b7m7cfKK
>>7
一定以上の経済活動規模を持つ実験的経済特区を作って
そこで色々実験出来るようにすると解りやすくていいと思う。

ただ労働需要が雇用規制の減少関数なのはもはや自明の理であって
今更それを証明するのに何年もかけるのは愚か。


78 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:12:18 u/Ho+yI0
はずかしながら>>15の後半が何言ってるのか分からない。
俺にでも分かるようにやさしく説明してくれないか。
社会人になって思う、もっと勉強しておけばよかった・・・


88 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:16:01 V3WFfneR
>>78
解雇規制を強くすると雇用が減るのは学問上の常識


416 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 14:03:36 YEwRlkGm
>>1みたいなことすれば資本階級の思う壺じゃん。
最近必死に労労対立煽ろうとするヤツがいるけどなんなの?
労働者同士で連帯しなきゃいけない時なのに…


425 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 14:51:38 b7m7cfKK
>>416
正社員の雇用と年功序列的給与体系を保護する為に
経営者が非正規雇用でリスクヘッジしてるんだぞ?
非正規の敵は間違いなく経営者じゃなくて正社員だろうが。


427 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 14:55:39 NzIfk5A/
>>416
失業しても生活に困らない制度を作るのだから、
労労対立を煽ってるとは言えないだろ?

重要なのは失業手当の充実とともに職業訓練を施すこと。
もはや、オバマのアメリカも含め全世界が積極的労働政策の方向へ舵を切ってる。
政府が口を出さずとも市場が自動的に失業者を取り込むという小さい政府路線は破綻した。


25 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 00:19:34 COVrIJoc
労働流動性の高い社会というのは要するに
能力のある人とない人がどんどん選別される社会ですよ

激流の中を流されていく労働者が
その都度企業が必要とする能力のある人だけがピックアップされて
それ以外の人はどんどん下水溝の底辺に押し流される

ピックアップされた人もトレンドが変わればまた激流の中に落とされて
また別のトレンドと一致する能力のある人が代わりにピックアップされる
それが流動性があるということです

こんな社会が本当に良いんでしょうかね?


26 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 00:20:53 CYHiHdQ4
>>25
だから職業訓練も同時に拡充するんだよ。


154 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:56:04 mJ7JxFmq
>>25
それはアメリカ型で、
このフレキシキュリティはセーフティネットが手厚いし、
(日本はセーフティネットの目が粗いので零れ落ちやすい)
再就職支援(職業訓練など)もしっかりしたもの。


164 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:59:38 9QQ92pUc
>>154
…でも正直言って、職業訓練って本当に有効なのかなぁ。
汎用性のきく技術って、義務教育受けてたら不要な気がするんだが… 他はパソコンくらい ?


171 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 02:06:41 f6YQX1a/
>>164
ドイツにおけるIT職業教育訓練制度
ドイツでは、義務教育を修了した7割(約60万人)に上る若者が
デュアルシステムという職業訓練制度のもとで、仕事に必要な
専門資格を取得している。デュアルシステムとは、職場における
実地訓練と商工会議所等が運営する職業学校における教育を受け、
資格を得る職業訓練制度である。企業と一定期間の雇用契約(有給)
を結び入社した若者は、職業学校の学生として学びながら職場での
実践訓練を3年間受ける。専門職労働者としての公的職業資格の取得
が目的で、定められた研修期間内に卒業できなければ失業する。
企業内のOJT費用は企業が負担し、職業学校の費用は政府が負担している。


193 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 02:43:28 mJ7JxFmq
>>164
>職業訓練って本当に有効なのかなぁ。
とりあえずこれを取り入れているデンマークやオランダでは
長期失業者の減少に成功している。
ただ、日本で今やっているような職業訓練だと、う〜ん。


199 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 02:53:32 yH89cvWv
>>193
うちの会社では高校生からおばさんまでバイトやパートや契約が来るんだけど、半分は働く姿勢にまずなってない。20人入れても残るのは数人。
別に使えない奴を教育して一人前にする気もないから残る奴だけ残るって仕組み。働かないと会社の利益にならないって意味がそもそも解ってない。
バイトやパートですらこんな状態。そいつらを根本的に教育するってはっきり言って無理。


203 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 02:58:19 f6YQX1a/
>>199
個人には適正があるんだからそれでいいんだよ。
失敗すれば次のことを探せばいい。中卒には中卒
なりの職業訓練、高卒には高卒なりの職業訓練、
大卒には大卒なりの職業訓練があるはず。


335 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 09:39:15 06PvQ2cM
>>199
>バイトやパートですらこんな状態。

バイトやパートなんて、時給で雇われてるんだろ。
おまけに、人材広告会社とかの入れ知恵で、
会社の業績に関係なく、同じ業種ならだいたい同じ時給。

期間も長くないし、そんなので真剣に働くほうがアホだ。
高校生や主婦という「本職」があるならなおさらだ。
会社の利益なんて還元されないんだから、糞喰らえだ。
バイトに熱中して、体壊したり落第したらバカだ。

まあ、バイトなんて雇うほうも「数人残ればいい」
という意識で、安い給料でひと使ってるんだから、
双方の思惑が一致して、それでいいんじゃないの。



63 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 00:57:50 FtQNoPhX
東京あたりの年収1000万円超えるような公務員、大学教員が
「雇用は流動化させるべき」
「氷河期かわいそう」
みたいな話を新聞、テレビ等で相次いで組織的に展開しているのは
これはどこのキャンペーンですか?すごく気持ち悪いです。
なぜ「雇用創出のための新産業の姿」を論じないのか。
なぜゼロサムを前提にして、「氷河期かわいそうだし、バブルが2人やめれば
3人雇えて資本効率が上がるから中堅をクビにできるようにしよう」
っていうような「中国産の方がやすいから安い方でいいじゃない」みたいな
話をしているのか?


74 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:09:16 1viJA3hc
>>63
だからその人の立ち位置前提に批判してもしょうがないでしょ。
失業者の意見は常に正しく、金持ちは失業についての語る言葉をもたないのか?


75 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:09:51 CYHiHdQ4
>>63
「雇用創出のための新産業の姿」はいくら論じても時間の無駄だよ。
経済構造が未成熟な頃はどのような産業が伸びるか、産まれるか予想は
容易。だからこそ日本は旧通産省の主導で大きな経済成長を達成できた。
だけれども経済構造が高度化すると予想するのはかなり難しくなる。
政策主導で新産業を生むのは限界に来てる。


87 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:16:00 FtQNoPhX
>>75 「1970年代は経済構造が未成熟で2000年代は経済構造が成熟して
新しいことはなにも考えられないから、中国人の給料に合わせて
民間の給料下げようぜ、仕事ないんだから」
っていう話に「確かにそうだな」っていう奴がいると思うのか?w


100 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:22:25 CYHiHdQ4
>>87
全く違う。要は「下手でも数打ちゃ当たる」ようにするしかない。
必要なのは新産業の議論ではなく、新産業を作れる企業数を
どうすれば増やせるかの議論。
そのためにベンチャー起業や業態変更を増やす法制度や社会環境が必要。


102 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:25:08 V3WFfneR
>>100
> そのためにベンチャー起業や業態変更を増やす法制度や社会環境が必要。
すごく同意。


132 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:43:20 COVrIJoc
>>社会保障関係で官僚の発表する数字ほど楽観的なものはないけどなw

何か特別なデーターをお持ちでしたら紹介してください
勉強の参考にさせていただきます。


138 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 01:47:32 Bb2o0Pg+
>>132
http://www.a-lab.co.jp/research/population/images/population01_image.gif


251 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 05:10:18 pczKOrgR
その都度スポンサーに有利な政策提言するだけのロビイストは
もう肩書きエージェント(代理人)でいいだろ
学者は第三者という珍妙な暗黙ルールは成り立たないよ
そもそもエコノミストという語義が学者という意味から離れ過ぎてる


257 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 06:27:19 /6dNYKyQ
>>251
それは感じるわ。

第三者の意見ということになってるが、実は、みたいな感じ
というか。

マー、多く見積もってあと半年ですかね。雇用のリュウドウセイ
がウンタラとかいうありがたいご高説唱えるバカが、ハバをきかすのも。

だいたい、雇用のリュウドウセイがどうとか言うなら、伊藤ナニガシは
自分が大学と1年契約にしてからにしろよ。自分は、退官まで安泰
だけど、他には解雇自由を強制するってか。ものすごい説得力だな。



327 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 09:16:19 b7m7cfKK
未だに最低賃金上げろとか効率の悪くなった
製造業で食っていこうとか言ってる人がいてびびった
何十年前の脳ミソしてんだ


329 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 09:25:12 Q7UBRYQj
>>327
アメリカも引き上げるみたいだし駄目なの?俺は製造業で食っていくとは言ってないが
インドや中国並みにした方がいいってこと?


347 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 10:04:10 b7m7cfKK
>>329
最低賃金を上げると正社員に残業させる方が効率が良くなって
未熟練者の雇用機会が損失する。

ただ最低賃金が生活保護レベルより低いとなると
労働にインセンティヴが無くなるし不平等だからそこは改善が必要
言葉足らずだったのは悪かった。



449 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 15:50:57 kNttoQ4F
雇用の流動化なんて、右肩上がりの経済成長がなきゃ結局成り立たなくなくね?
つかどうして欧米でこれが成り立ってるのか未だに理解できない。
使えないと判断された親父たちはどうやって生活してるんだ?。
あいつらみたいに楽観的ならまだしも、正社員でもいつ首切られるかわかんない
ってんじゃ、ますます少子化に拍車がかかるんじゃね?


470 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 17:09:41 f6YQX1a/
>>449
全く逆。右肩上がりの時代しか今の採用制度は通用しない。なぜか?
例えばトヨタはをみればわかるか、内部保留は相当あるけど、従業員の
数は非常に多い。ワークシェアリングだけで済めばいいが、需要が減少する
中、必要のない社員を雇うことで固定費が増え、財政を圧迫する。不況の
時はこの企業負担を減らし、政府に肩代わりをさせるのが正解。
企業の低負担&政府の高負担というのはまさしくフレクシキュリティ。
不況の時、ある程度失業者が増えるのは自然。しかしセーフティネット
がしっかりしてれば問題ない。また再び、労働力として社会参加できる。
今のままだと、非正規がしわ寄せを受け、彼らの中にはホームレスに落ちていく
者も少なからずいる。そうなった場合、再び労働力になるのはほぼ不可能。


483 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 17:53:38 E8JuZwqh
>>449
これは北欧を指しているんだよね?
移民を使う米国や英国と、北欧では環境が違うから。

>つかどうして欧米でこれが成り立ってるのか未だに理解できない。

北欧は、世界に先駆けて高齢化社会に突入しているため。
労働人口の減少で慢性的な労働力不足。
よって流動性とGDP減少が両立する。

米英は移民による。


459 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 16:22:49 b/QQHx9v
またご用学者の 正社員対非正規 対立論か。

日本の癌で非正規の轍は地方公務員の高齢者。

給与が高く、生産性は低い。
財政を圧迫するだけ。
50以上の地方公務員の給与を30%引き下げて、その金を減税に回すか、ワークシェアで雇用増やすことが出来たら景気回復


460 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 16:25:20 yKs0NC6Z
>>459
多分、天下り先を作成開始するでしょうなァ


471 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/10(火) 17:20:59 f6YQX1a/
>>459
好景気のときのワークシェアは雇用を増やすのが目的だけど、景気が
悪い時のワークシェアは勤務時間を減らすことにより本来いらない人員の
雇用を保つという形になってるね。これでも減らした時の水準から見れば
雇用が増えてるのには違いないが、現地点から見れば雇用は増えていない。



609 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 08:06:15 UuKx0+Gc
つーか、正社員ってそんなに保護されているか?
非正規の待遇が低すぎるだけで、正規だって大して保護されていないだろ?
サビ残蔓延、パワハラあり、過激研修容認、低い最低賃金・・・
キチンと手続きを踏めば、正社員だっていくらでも切れるし・・・
ようするに、経営者のモラル次第という放任主義なだけでしょ?日本は。


610 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 08:11:12 2fmjbGsX
>>609
餓死するしかないヒトは餓死寸前のヒトより恵まれている
そんだけ

もっとも両方とも餓死するんだけどね


611 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 08:28:17 lCSgAvOv
>>609
それでも非正規より「相対的に」社会保障が特に守られてるから、
辞めずに無料で働いてでもしがみつくんだよ。
客観的には、経営者のモラルの低下に正社員が貢献している



661 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 17:29:33 APtKhPTV
非正規雇用はエタヒニン。一人当たりのGDPと最低賃金の比率も異常に低い。先進諸国の約二分の一に対して日本は三分の一
8×20時間労働ではとても生活できず16×30時間労働でも子供を他人を養うのは難しい。これでは売春婦や詐欺集団が増えても仕方がない
安い人件費に支えられている長時間営業が生産性を低め正規雇用の労働条件をも悪くしている。
日本ほど年中無休24時間営業の店が多い国はない。年末や祭の時くらい買い物するなよ、夜出歩くな、買い溜めしとけ!!


662 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 17:35:46 Ywc20fOO
>>661
犯罪して搾取するか 犯罪して刑務所に行くかだな
どっちも生活出来るから問題じゃ無い

まっとうに働くことを諦めると言う事も大事だろう


671 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 18:39:03 hKtrAktq
>>661
労働時間が短いフランスでも最近24時間営業が増えてるらしいよ
そういう面で日本は進んでるわけだねw


672 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/03/11(水) 19:00:47 APtKhPTV
>>671
ワークシェアリング?8時間週5に21万払わないといけないのに経営成り立つのだろうか?
物価の違いもあるかも知れんがチップもあるしな。美少女とかだとチップの方が給料より多かったりするらしいし
24時間営業デススパイラルへの入り口だと俺は思う



入門経済学入門経済学
伊藤 元重

危機を超えて──すべてがわかる「世界大不況」講義 ミクロ計量経済学入門 なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学 スティグリッツマクロ経済学 第3版 ゼミナール国際経済入門

by G-Tools





クリック(・∀・) クリック(・∀・)
クリックしていただけると、モチベーションが上がりますっ(ノ゚∀゚)ノ

 コメント一覧 (1)

    • 1.
    • 2009年03月20日 17:36
    • 既得権益を持つ者は、その権益を守ってしかるべきななのかな。
      自己犠牲の精神はまだあるんだろうか。