d69b0667.jpg 1 名前:本多工務店φ ★ 投稿日:2009/04/05(日) 02:15:25 ???
ネットの未来について若手研究者や経営者が語る 「gooラボネットの未来カンファレンス」(主催:NTTレゾナント/運営:アジャイルメディア・ネットワーク)が先月29日、日石横浜ホール(神奈川県・横浜市)で開催された。
ソース:マイコミジャーナル
メインセッションとなる 「ネットの未来放談・大喜利」
司会を務めた藤代裕之氏(NTTレゾナント)の 「筋書きはまったくございません」 との言葉どおり、チームラボ・猪子寿之氏Cerevo・岩佐琢磨氏マイクロソフト・楠正憲氏勉強会コミュニティ GnZ・森正弥氏(楽天技術研究所代表)(写真:左上,右上,左下,右下の順)という濃いパネリストからはさまざまな話題が飛び出した。

メインセッションのお題目 「ネットの未来はどうなっていくのか」
各パネリストがネットの将来像について語り合う中で、
「グローバル化する社会での必要なスキル」 「コミュニケーション能力」 「日本に育つことの重要性」 などへの言及があった。
"勢いあまった"話でもあったが、興味深いやりとりでもあった。一部を抜粋してお届けしよう。
(以下、敬称略)
*  *  *
 ネットの未来というよりも、ネットで働く我々の未来、働き方の未来が最大の関心事です。
  今後どうなるかというと、無意識のうちにグローバル化してしまう。
  最近、自分のまわりで色々な人と仕事しますが、国境が関係なくなっていると感じています。
  仕事で 「これができるエンジニアはいないか」 と探したら、ウクライナにエンジニアがいた。
  不安もあったがちゃんと納品もされた。
  今はインフラとか色々な環境が整っていて、英語や文化とか契約の問題を突破できれば、
  世界中のノウハウを持っている人とビジネスができるというところにまで来ている。
  ネットの未来の働き方は大きく変わってくると思う。
  そこで、どういうスキルを身につけるのがいいのか。
  昔は、英語とIT基本知識、会計の知識とも言われていたが、
  最近はそうではないんじゃないかと感じています。

 仕事の幅が広がってきたとき、全部を自分が勉強できるかというと、
コモディティ化されていない能力ほど勉強する機会がないんです。
  資格制度になっていたり、教科書になっていたりするものは、お金さえ出せば人材を確保できる。
  (IT業界が)ドッグイヤー、マウスイヤーになっていく中で、「模索しながらやりとげる能力」
  や 「できるかもしれない人を見つけてリスクヘッジする能力」 は必要だと思う。


猪子 英語なんてまったく必要ないと思う。会計なんてやっても売り上げは上がらないし(笑)。
専門性が大事。現在は専門分野がさらに細分化されていて、
そういう専門性は獲得するのは大変。コミュニケーション能力もいらない。

岩佐 同感です。 「コミュニケーション能力がいらない」 というのは言い過ぎですけど、
    「ビジネスマンといえばコミュニケーション能力だ」 という話がよく出ていたじゃないですか。
   でも、いわゆるネットの発達とか、PCを含めてコミュニケーション手段とか色々なものが
   増えていくことで(コミュニケーション能力を重視する傾向は)薄まっていくと思う。

猪子 むしろないほうがいい。コミュニケーションってエンターテインメントだから、その能力が高いと楽しい。
   だから新しいコミュニケーションのほうに行かないんです。
   コミュケーション能力が低い人のほうが新しいコミュニケーションのほうに行く。
   たとえば、コミュニケーション能力が高いと、女子大生とも共通の興味がなくても話せるわけ。
   それは楽しいことです。
   でも、コミュニケーション能力が低い人は、女子大生と話すことができないから、
   自分のすごく詳しい分野をブログなんかに書く。
   そうすると、自分が本当に詳しい分野に対して本当に理解してくれる人が集まってくる。
   いい人材もいいユーザーも集まる。進化論と一緒で、
   "前のコミュ二ケーション能力"が高い人は進化できない。
   (前時代的な)コミュニケーション能力の低い人のほうが有利になってくる。
   コミュニケーション能力の低い人が勝つんですよ。

ここで、
「2022年、インターネット方やエコ推進法などネットを取り巻く環境は大きく変化した。
 年老いたビル・ゲイツは孫に向かってなんと言ったか」
というお題で大喜利。
 その中で猪子氏の回答 「体で感じろ」 の解釈を巡って盛り上がった。
 技術力、専門性を重要とする猪子氏だが、一方で 「文化」 を感じることが大事だという。

猪子 専門性は持ったほうがいい。
   でも、技術は客観的なものなので、いずれ先進国の優位性はまったくなくなると思っている。
   そのとき先進国の優位性と言えるものは 「文化」 のみ。
   文化は客観的に計れないから、優劣がつきにくい。

   だから、先に豊かだったほうが優位。 「ただ先に豊かだった」 という理由で。
   これからは文化のみが優位性になってくると思う。
   体で感じることのほうが重要になる。


 いまの話はとても重要だと思う。
  たとえば、NFSサーバを限界までチューニングしてを速く動かすとか、
  全然違うコードで互換性のあるプログラムを書くとか、
  そういう部分はインドに出せるけど、ユーザインタフェース(の開発)は発注できない。
  プランニングは、消費市場がある中国には出せるけど、
  自国内にマーケットがなくて、そういうものがある生活が想像できないインドではやれない。
  若いときに豊かな国にいたら、そこで体で感じられることをちゃんと感じておくことは大事。

岩佐 PCやそれ以外のデバイスが進化していくと、
どこの国にいても同じ体験ができるという話にはなりませんか?

 (猪子氏も口をそろえて)ならない。
  いま地球上でPCを使っているのは、60億人のうち、たったの10億人。
  たとえば、インドにおけるコンピュータ・サイエンス(CS)の位置づけは、
  CSをやっていればカーストを超えられるし、運がよければアメリカに行けるということで
  死ぬほど勉強しているわけです。
  いまパソコンを持てる環境にない人たちが、
  10年後に、脳に電極を挿して(※)アメリカ人と同じ経験ができているかというと、
  それはないと思う。
※先に出た、サイバネティクスや 「攻殻機動隊」 に関する話題を受けて。

ネットの未来について見解を語り合う中、各国間の技術的差異が小さくなりつつあるグローバル市場で、
日本の優位性はどこにあるのかという話題に及んだ。

楠氏と猪子氏がともに力説した
「技術面での差はなくなるが、日本という豊かな国に育った経験がカギになる」 という話には、会場も深く聞き入っていた。

森氏は大喜利で 「19までにはすませておけ」 と回答して会場の笑いを誘ったが、そこにも同様の意味がある。
「ビル・ゲイツがBASICを開発したのは19歳。Mosaicを作ったマーク・アンドリーセンも19歳、マイケル・デルがビジネスモデルを作ったのは19歳、 Facebookを作ったマーク・ザッカーバーグも19歳。19歳は非常に重要な年。 19歳までに一旗揚げるきっかけを作っておくことは重要かもしれない」 (森氏)。

19歳で開発に至るまでに"感じてきたもの"は、すべての国で得られるものではない。
猪子氏は、 「iPod」 がアメリカで生まれ、インドでは生まれなかった背景などにも触れ、
大事なものは 「文化のような論理化できない経験の積み重ね」 と説明した。


本カンファレンスは登壇者と参加者が一緒に考えるイベントとして、
参加者によるワークショップや、メインセッションでの1分間プレゼン 「未来はこうなる」 なども行なわれた。
gooラボでは今後、 「gooラボ ネットの未来プロジェクト」 の一環として同様のイベントを開催していく予定だ。

gooラボ ネットの未来プロジェクト
http://labs.goo.ne.jp/mirai/

【討論】ネットの未来はどうなっていくのか:技術的優位性がなくなったとき、日本はどうする?[09/04/05]




41 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 03:23:39 E238QhwG
ネットの未来とか全部忘れて>>1を見ると、うなずける部分もある
日本の(ITに限らず)技術的優位はだんだん先細りなのは間違いないしな


42 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 03:26:45 ZExakX5Y
>>41
あなたの様な危機感を持った人が時代を切り開いて行くんだと思います
頑張って下さい

87 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 06:13:52 91mGgHrG
mixiもgreeも技術的優位性はまったくない点
うまくいくいかないがサービス設計に帰着されされる時点で
ネットの技術的優位性なんて関係ない。


つまり、>>1 で御託述べてる連中はネット技術に語ってるのでなく
ネットビジネスについて語ってるだけなのに、なぜか"技術"といいたがるから話がおかしくなる。

110 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 11:31:00 xp8wxjv4
>>1
いや、話のおもしろい奴はどんな話でも楽しませられるから
内容が専門的であっても、女子大生でも老人子供でも誰とでも話せる。
専門性とコミュニケーションの上手い下手は別問題だ。
カノッサの屈辱を観て笑いながら社会勉強できたのは、製作者が視聴者との
コミュニケーションのプロだったからだ。

ネットでは日本は技術的優位性はずっとない。いつも先を超されてる。
ニコニコがヒットしたのは、コメントつけられる動画プレイヤーがあったからではなく、
それを軸にクリエイターとファンのコミュニティを作ろうと真面目に盛り上げてるからだ。
手塚の息子が出て来たり、ドルアーガのおっさんがいくらピザ作ったり、
なんか面白そうなことしてるって人が集まる。
そこにいるだけで楽しいと思える空間を作ろうとする努力が実を結んだのだ。


116 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 12:46:58 mVevlEG8
>>1-3
話が難しすぎて?何が何だか良く分らない。orz
頭の良い人が集まると、こういう感じになるのか・・・。
この人たちの頭の中には、どんな風景が見えているのだろう・・・。


132 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 15:31:43 Imtl94mD
ネット関連での技術的優位性の意味か?なんかあったかな。

っていうか>>1の文章よくわからんのだが。

143 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 16:21:46 tNgKBs+X
>>1
もうちょい面白い議論しろよ。
「ネットの台頭で、遠交近攻は破綻するのか?」 とか、 「ネットの人種差別は、他国まで影響するのか?」 さ。

4 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:20:50 PI6vKc3y
英語はいらない。
コミュニケーション能力もいらない。
専門性よりも文化。

日本のマンガの話ですか。


15 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:29:04 edrxIEBC
>>4
日本のマンガもWebの製作も国境の垣根がなくなってるからじゃないかな

間違いなく技術がちょっと高いくらいの人間は待遇が悪くなる一方だろね

150 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 17:46:02 fQdmbfmz
>>4
サラっと核心を着いたな。
つまり今、中国で描かれるマンガはらんま1/2みたいなものだ。
だが、今の日本で描かれるマンガはベルセルクやハルヒやバクマンなんだ。

だから次の時代のマンガを生み出すのも日本。
今、中国でらんま1/2と一緒にハルヒを読んでる奴は次を作れない。


12 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:27:11 IPyJh1JV
日本は常に後追いじゃん。

106 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 10:56:00 yeOQGvoL
>>12
昔は後追いでキャッチアップして飯が食えたんだけど、もうそう言うことは出来ないしね。

14 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:28:50 JBsB1EOV
iPodの例え話とかいい加減やめようぜ


32 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:52:43 RqzLuGuz
>>14
>猪子氏は、 「iPod」 がアメリカで生まれ、インドでは生まれなかった背景などにも触れ、

>大事なものは 「文化のような論理化できない経験の積み重ね」 と説明した。

これじゃ何がいいたいのかわからないよなw
大切なのは1行目と2行目の間にあったであろう話だろうに。

49 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 03:46:01 ECDTZDZu
>>32
文化の優位性はひっくり返せない
特に日本の場合、漫画・アニメなどのオタク系文化と、女子高生中心のティーンズ文化は
絶対的優位性がある。


台湾や韓国、中国など新興国がちょっと豊かになった程度では追いつけない

それに画期的サービスが生まれる背景には、そのバックにその国の文化的成熟度が
非常に深く関わってる訳だからね

16 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:29:25 0wtVURzz
日本はこれから韓国ぐらいのレベルの国に落ち着くんじゃないかな。
凋落するのはほぼ確実だと思うけど。

20 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:33:37 Ttn+oYH+
>>16
 本当は凋落しなくてすむはずだったんだけどね。個人金融資産がたんまり
あったんだから、それを普通に投資できてたらそれで食っていけたはずなの
にリターンなしの赤字国債等で食いつぶしちゃった。

59 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 04:40:38 GDQpCuFX
>>16
韓国は国土(朝鮮)の1/2.5か1/3しか実効支配してないコンパクトな国だから。
内需の力で韓国ほど落ちないか、不良債権の力で韓国以下に落ちるかだな。

19 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:31:05 //mtOSuy
>いわゆるネットの発達とか、PCを含めてコミュニケーション手段とか色々なものが増えていくことで
>   (コミュニケーション能力を重視する傾向は)薄まっていくと思う。

途方もない勘違い
人間は人間

22 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:37:23 0wtVURzz
>>19
そうでもないでしょ?対面商売基本のものでもPCで出来るように
なっていくって事だし。株とかだって既にそうなっていて、営業マン
なんてそれほど必要ない。


28 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:47:07 TNBTu36i
まあ、日本の経営者が研究を軽視さえしなければいいんだけどな。
ここ数年金を右から左に動かせば儲かるような話をしてる人間とばかり話してたせいで、少々不安だった
コンテンツはそりゃ重要だけど、コンテンツだけじゃ生き残るの難しいよと

34 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 02:55:38 BOe6BzLk
アイディアの源泉はUNIX以前のメインフレームの時代。
アイディアはあっても実装できなかった、
日本ではコンピュータ史を教えない、
それが同じ道を繰り返す遠因だと思う。


113 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 12:17:36 iaQoeyBY
>>34
Multicsとかすごいよな。
あとHPに消されたけどAPOLLO Domainとか。

52 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 03:49:22 C7mVyGWW
日本のネット産業で技術的優位性が、2ちゃんねるを生んだ。
これからは国内だけじゃなく海外にも情報を発信しないといけない。
そうするとやはり英語力がネックになる。

56 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 04:01:18 RqzLuGuz
>>52
2chはコンテンツだろ?
アイデア(汚い宣伝手法も含めて)の勝利であって、
技術的優位性は関係ないんじゃないの?


2chならではの先進技術って、当時、何かあったっけ?

61 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 04:52:57 thEr/ke0
ネットはまだアイディアが秀逸なら食って行くことも可能。俺がそうだしな。
今は寄らば大樹思想が強いんで、競合相手が少なく逆にチャンスはある。問題はそう思えるかどうか。だが。
まぁ、普通の人間はそうは思わんだろうな。だからこそなのだが。

64 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:02:32 RqzLuGuz
>>61
育てると食われるよ。
大衆迎合を逆手に取るのは、小さいうちは有利に働く。
でも、自分が大衆規模になると一気に群がってくる。
だって相手は大衆迎合だもの。

相手は大企業で資金力も政治力も違うから、勝てる見込みは無い。

68 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:20:37 thEr/ke0
>>64
その説も一理あるが、例えばSoftEherとかは学生で始め現在も伸びている訳で。現在も名前は違うが
VerUpを続けている。それなりに売れているようだが。ネット企業であるウチとかは完全に必須だしな。
ニッチな需要だがね。ウチも規模はそれより小さいだろうが他者には真似出来ない所を持っている。

いずれ大企業が来るのかもしれが、先ほど言ったようにアイディアによって大企業以上のインセンを
持たせる事は可能ではないかと思っている。ネットはアイディア次第でまだ儲ける事は出来る。

と思っている。あくまで私感。年月が経てばどうなるかはまだ分からない。誰もまだ分からないしな。
いずれ年月が証明するだろう。

75 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:36:02 MPM4IjkI
>>68
>ネットはアイディア次第でまだ儲ける事は出来る。

それはネットに限った話じゃないでしょ。
いわゆる 「オンリーワン企業」 なんて製造業でもたくさんある。

80 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:47:11 thEr/ke0
>>75
勿論そうだが、ネットは事情がかなり異なる。現在の日本のコンテンツを考えて欲しいが、
外国、特にアメリカで生まれた物を修正して日本で出すと言う行為が過去からある。
つまり、 「極めて真似しやすい」 と言う事。この中で優位性を保つと言うのは本当に難しい。

例を挙げるなら、元々SNSの概念は外国で生まれ、Greeが真似した、それをmixiが更に真似をした。
だが、GreeはNo1になれずmixiに後塵を拝した。この例を挙げるまでも無くネットで優位性を保つ
のは本当に難しい。規模が入り組んでなければ、コピペが出来るから。まぁ、、そんなに簡単な話じゃ
ないけども。勿論、製造業でも優位性を保つのが難しいのは同様だがネットは更に難しいと言う事。


82 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:55:46 3XV25zEL
>>80
GREEはサービスの設計ミスだろ。
慶應のOBつながりからSNS始めたもんだから、初期の参加メンバーは一流大卒ばかり。
んで、学歴つながりをネット上に作ること=SNSみたいなノリになってた。
大学名がデフォルトでトップに表示されるわで 「高卒?なにそれ?」 な空気がむんむん。
個人の趣味を属性に打ち出したmixiが勝つのは登場早々に予想されてたよ。

86 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 06:10:45 uYQxVeDF
>>82
しかし、個人資産でGREE創業者の勝ち!722億円とかなっててビビったぞw

なんで、そんなことになってるのかは謎。しばらくオチしてなかったんで。

84 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 06:08:39 uYQxVeDF
>>80
え?ほんとに経営者さん?

71 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:30:07 thEr/ke0
ネットの世界という観点でいうなら、現在のPCサイト、携帯サイトにしても広告という収益は切っても切れない強い関係にある。これを改革する何かが日本発で出るなら可能性は明るいかもしれない。

携帯の課金システムは非常に良い仕組みだと思う。これをクレカ並の規模に持って行けたらこれは相当面白いかもしれない。日本としてと言う意味で。例えばこれをPCもプロバイダ経由で徴収出来ないものだろうか。

これは過去から言われている話だが。

収益システムを確立するのが企業の根幹である事を考慮すると、まずはこれではないかな。
携帯で出来た事を考えると出来ないと言う事もなかろうと思われる。まぁ・・・auの課金システムは不正利用が相変わらず絶えないがな・・・

課金は面倒臭い。携帯の月額課金が一部の例外を除いて旨く作用している事を考えるとPCも流れとして
来そうだが。誰か作ってくれんかな。

74 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:34:26 uYQxVeDF
>>71
なんかわからんけど、とりあえずz雇ってくれ


77 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:45:40 3XV25zEL
>>71
NTTが 「NGN」 って作ってるだろ。あれ使え。
SAMLとOpenIDの相接もできるはずだから、
技術的にはインターネット側から課金システムのAPIたたいて認証情報の受け渡しができる。
あとはビジネス的な問題だが、これは総務省のPF研の決着が付けば開放義務にでもなんだろ。

あと、携帯の成功ってのは、携帯事業者が最強レベルの集金能力があるっての大きい。
並の会社じゃ、1000万人以上に請求書送って金を回収するってできない。
どうせ通信会社か金融機関に依存することになるから、開き直ってNTT頼ればいい。

76 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 05:43:18 91mGgHrG
>>71
課金する仕組みはすでにあるよ。問題は無料コンテンツ+広告モデルが流行り過ぎちゃって
誰もコンテンツに金を払おうとしないってこと。
課金コンテンツだって、ライバル会社が無料版出して終りってパターンがたくさんある。
R25とかさ。

96 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 07:18:30 3sWxo79K
>>76 昔、1行1000円なって言われてが、単純にコード数を持ち出す発想が
  また有ったことに驚きだろ。 同じ機能でも作り方でコード量も全く違うし
  ましてや問題解決に必要な機能の決め方でしだいで、ソリューションに必要な
  労力もコストも比較にならないぐらいの差がつく。

102 名前: 投稿日:2009/04/05(日) 09:53:26 siUjoS3t
定義のはっきりしない横文字を使う人間腹立つな・・。

>コミュニケーションってエンターテインメントだから、その能力が高いと楽しい。
こんな文章見るだけで拒絶反応出るようになってしまった。 ずっとなんとなくで行けばいいよ。

104 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 10:39:27 uzcug+pj
>>102
>コミュニケーションってエンターテインメントだから、

自分の場合は、もうここでワケ分からなくなって読むの放棄した。


124 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 13:45:33 6FJkKETb
どんだけコミニケーションが出来たって
カスとカスがいくら話しても何にもならねえよw

誰しもがリーダーになれるわけじゃないから
リーダーってのは少なくて1人でもいい
でも、そのリーダーが天才的じゃないと行き倒れる

 日本人、全員が全員リーダーにならなくてもいい
 コミニュケーション力なんて身につけなくてもいい
 
 最低限でもいいんだよ

 きっとリーダーが来るまで待つしかないんだろうな
 

129 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 15:21:39 2vIN27GO
>>124
いや、結局、日本人はほぼ全員リーダーになる必要があるんじゃないか?
日本人が携わるのは、せいぜい、アプリケーションの設計まで。
以降の工程は、単価の安いアジア方面に向かう事になる。
そうした時に、コーダー1グループの面倒を見る必要が出てくる。
予定ステップ数や作業時間を提示したり、質問に答えたりね。

134 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 15:44:30 91mGgHrG
>>129
あのな、プログラミングが一番難しい工程なんだぞ。
工程管理なんて馬鹿でもできる。だってプログラマに圧力かけりゃいいんだから。
流れ作業の内職とプログラミングを同列に語る馬鹿が多いから
日本のソフトウエア技術がぜんぜんのびないんだ。

127 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 14:12:17 9REQHt8U

日本政府の予定だと、しばらく技術的優位は残るからなー。


数十年後、高速無線通信
さらに数十年後、量子通信

この予定がずれない限り大丈夫だろ。

128 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 14:28:33 WpoJecPI
>>127
あっさりずれて涙目だろどうせ


135 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 15:50:43 YiitYFY5
プログラミングなんて誰でもできるよ。

140 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 15:57:56 yl/k9GBW
>>135
人間ならプログラミングは誰でも出来る
人間ならばね…
残念ながら本当の人間はごくまれにしか生まれてこない

136 名前:名刺は切らしておりまして 投稿日:2009/04/05(日) 15:51:15 GfRLZpgH
分かりやすいのは音楽だね。はかせたろうが若くして留学したとき、
超上手かったけど日本の曲をろくに知らなくて弾けなくて
冷やかに指摘されたという逸話がある。最後は育った環境、文化が物をいうんだよな。


技術で言えば、無機物に人格を与えるという日本特有の精神は
武器になると思う。人型のみならず消しゴムにすら名前付けたりするのは
日本人だけ。

無機物の最先端技術、それはまさにロボット。ロボットの人格化、
つまりメイドロボにこそ日本の未来がある



苫米地式コーチング
苫米地式コーチング