db6d9fa2.png1:明鏡止水φ ★:2009/10/12(月) 07:15:51 ID:???
地球温暖化対策では「後進国」だった米国で、再生可能エネルギーの導入が爆発的に広がっている。

オバマ大統領が温暖化対策を経済政策の柱と位置づけたのを機に、官民のマネーが流入、風力発電施設は建設ラッシュの様相だ。だが、危機感を持つ石炭業界などは「温暖化対策は米経済を殺す」と反対運動に乗り出した。米国は「新エネ大国」と「化石燃料の消費大国」というふたつの顔の間で、苦悩を深めている。

サンゼルスからヘリコプターで北に180?。赤茶けたモハベ砂漠の山肌に、巨大な白い固まりがうごめいているのが見えてきた。近づくと約5000基もの風力タービンの先で、3枚の羽根が悠然と回っていた。大きなタービンは高さ100mもある。ここは電力会社などが風力発電の実験を行う、全米でも最大規模の「ウインドファーム(風力発電基地)」だ。

米国の風力発電能力は、2008年にドイツを抜いて世界一となった。発電量全体の1%強にすぎないが、オバマ大統領は、30年までにこれを20%に高める方針を打ち出した。 ロサンゼルスのビヤライゴーサ市長は、「30年までに1990年比で35%の温室効果ガス削減を目指す」と独自の野心的目標を掲げ、新エネ導入を後押しする。有望な起業家に投資するベンチャーキャピタルも、環境投資を急増させている。
単に施設を増やすだけでなく、新エネを安定電源とする戦略も始動した。次世代送電線網「スマートグリッド」計画だ。

風力や太陽光発電の問題点は、火力や原子力と違って天候次第で突然、出力が落ちること。現状では、新エネを全体の2割も電力網に流し込むのは不可能だ。そこで、時間別課金でピーク需要を減らしたり、蓄電池で不足分を補ったりするのがスマートグリッド。消費者がパソコンで自宅の電力消費を管理するなど応用範囲は広く、いわば「電力版インターネット」。情報検索大手グーグルも参入を狙う。

日本の関係者は、「米国は大統領が旗を振り、官民で壮大な実験を始めた。流れを見極めてから参入しても手遅れ」と危機感を募らせる。

だが、米国が、国を挙げて温暖化対策に邁進(まいしん)し始めたわけではない。
経済界には慎重論が根強く、特に世界一の埋蔵量を誇る石炭の関連業界から
石炭こそが国力を支えてきた。新エネへの転換は、米国の自殺行為」という強烈な反対論が噴出しているのだ。(ロサンゼルスで 山田哲朗)

(風力発電設備の増設が続くウインドファーム(読売チャーターヘリから)=小西太郎撮影 )

▽関連:

日本、スペインに抜かれ太陽光発電世界3位に[09/04/06]
鳩山「25%削減は不可能ではない。信じている(キリッ」[09/09/26]
ドイツ「サハラ砂漠で50兆円規模の太陽熱発電計画」[09/07/12]

▽元スレ:

【電力】風車5000基、米で風力発電ラッシュ・官民のマネーが流入…石炭業界などは反対運動に [09/10/12]




9:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 08:00:58 ID:iL9Zh7XV

野鳥が死ぬから駄目だろ。
波を利用した発電のほうがいいよ。

11:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 08:10:45 ID:8tTZL/Lu

>>9
他にも何か問題が在ったな見たいだが…まだ無理みたいだな…アメリカみたいに土地が余ってないからな…

10:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 08:10:43 ID:1d8WrYqr

日本は緑が多くて野鳥も多い。
住宅にも近くて、騒音公害なんかもある。
そもそも風の強いだだっ広い土地も少ない。
アメリカとは違う。

14:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 08:17:28 ID:DVSg+MRq

低周波騒音の問題があるから、人気のない所でないといけない。

24:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 08:53:57 ID:1sK5d5Qx

石油業界はオイルマネー突っ込んで開発しろよ。
油売りながら油売ってんのか。


25:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 08:55:22 ID:Gzp5+drk

未だに石炭業界がのさばってるのかアメリカ

30:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:10:28 ID:Nx6LZF1P

東京新聞は、低周波騒音と環境破壊を押し出して、
先週からネガティブキャンペーンを張っている。

31:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:12:30 ID:7WLqJD64

日本ははやいとこ、凧型風力発電を実用化しろ。ジェット気流に係留すれば100m/sの風を安定して得られるんだぞ。

36:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:41:19 ID:+jmq1YNj

日本で風力するなら適した土地が少ないらしいから、やはりメイン海になるのかな
でも、高コストになるから難しいかな。巨大になるほど効率がよくなると聞くから超巨大風車なら・・・

まぁ、今のうちに枯渇の心配が無いエネルギーの割合を増やしておいて欲しいね

37:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:46:49 ID:Z5BdUl9n

てゆーか、一昔前に流行った常温核融合の話とかどうなったんですかね
もう終わっちゃったんですかね

41:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:55:57 ID:dHpbch38

>>37
やってるけど実用化できるとしたら100年以上かかるらしい。

38:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:46:50 ID:vmvcHmfc

○参考ソース
風力発電に関するQ&A集
http://www.nef.or.jp/info/pdf/200901.pdf

風力発電の現状と導入拡大に向けて
http://jwpa.jp/pdf/50-08teigen090409.pdf

海風で大規模、効率発電 洋上風力発電〜三菱重工業、東京大学
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090507/193929/

「洋上風力発電は非常に有望」米ワールドウォッチ研究所・フレイビン所長に聞く
http://eco.nikkei.co.jp/interview/article.aspx?id=MMECi1000010092009&cid=ecow_topics

中国、風力発電能力を20年に8倍に 政府が支援、10兆円投資
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090607AT2M0503R06062009.html

欧州、洋上風力発電で電力需要10%供給/CO2削減効果は年2億トン
http://www.ecool.jp/foreign/2009/09/ewe52-347.html

40:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 09:51:46 ID:Ub8WPxWu

実際問題、風車のある地域に行ってみると風切り音がすさまじい。結構離れても、ヒュウンヒュウンと音が聞こえてくる。
観光で訪れる人は一時的だから、小さな音だから問題ないと思うだろうが、あそこにずっと住めといわれたらかなり嫌な感じ。
防音とかなんとかいう問題じゃなくて、生活環境そのものが常に震えてるようなかなり神経に障る。

アメリカでも問題になりはじめてるみたいだが、人口密度のより高い日本じゃいくら田舎でもそんなには増やせないだろう。

つうか、翼の表面に渡り鳥のぶつかった後のこげ茶色がこびりついてたりする点も含めて、いずれ格好の環境保護市民運動の餌食になると思われ。

43:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 10:13:36 ID:UgnKRlX6

>>40
自分とこの風力発電は自宅から200メートル位の所に建つんだぜ。
しかも結構大型の奴。
低周波がとても心配だ。


45:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 10:30:28 ID:xJkpIpxC

風力より地熱のほうが筋がよさそうなんだけどな

46:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 10:33:55 ID:H8TvuVlx

>>45
そもそも地熱はガスが出るし。
地下の利権は水利・環境・宗教的なものも含めてよりいっそう複雑だから難しいと思われ。

48:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 10:39:52 ID:ltmhiE5f

水力発電なら何とか賛成できる

50:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 10:57:25 ID:b/7FxIZj

カリフォルニアの場合大気汚染とかの絡みもあるからこういった発電にいくのかね。
モハベ砂漠なんて本当になにもないから鳥にさえ気をつけたらいくらでも設置できそうだ。

日本でも山間部ならいくらでも設置できるのでないかなぁ?鳥の渡り経路とか特定してお
いて、何カ所か指定地域にしてそこに集中的に配備したらメンテとかも楽になるだろうし。

51:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:05:10 ID:tE9Tngh5

>>50
騒音で動物がストレス感じる。

53:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:10:43 ID:xx0nh1O0

風力発電は渡り鳥の激突が問題になっている。
ハリケーン、竜巻の多発地帯で大丈夫?

54:(・x・)オマンコ修道院 ◆Pt86mEEjt. :2009/10/12(月) 11:12:26 ID:7UUMHaxf

村に電気を起こせれば・・・少年が7年をかけて風力発電に成功

干ばつに苦しむ東アフリカ・マラウイの貧しい村では、何もかもが不足していた。赤土の
大地はひび割れ、作物の枯れた畑をただ風だけが吹き抜ける。この風を使って、村に
電気を起こせれば――。そう思い立った少年が、たった1人で作業に取り掛かった。
それから7年、村では少年の作った風車5台が回り、電動ポンプが水を送り出している。

ウィリアム・カムクワンバ君は、首都リロングウェ北郊の村で育った。02年の干ばつで、
農業を営んでいた父親は収入を失い、当時14歳だったウィリアム君の学費さえ払え
なくなった。退学したウィリアム君は図書館で時間を過ごすようになり、そこで風力発電に
ついて書かれた本と出会う。「本に写真が載っているのだから、だれかがこの機械を
作ったということ。それならぼくにも出来るはずだと思った」と、ウィリアム君は振り返る。

材料は、ごみ捨て場から拾ってきた自転車の部品やプラスチックのパイプ、プロペラ、
車のバッテリー。タービンを支えるポールには、森で採ったユーカリの木を使った。
「風車を作るんだと話すと、だれもがぼくを笑った。あいつは頭がおかしいといううわさが、
村中に広がった」

もの珍しげに取り囲む群衆と、溶かした金属から立ち上る熱気で汗だくになりながら、
ウィリアム君は黙々と作業を続け、3カ月後には最初の風車を完成させる。タービンが
回り、取り付けた電球に明かりがついた時には「これでもう頭がおかしいなんて言われ
ないと思い、ほっとした」という。

7年間で作った風車5台のうち、最も大きいものは高さ11メートル余り。地域の学校でも
風車作りを教え、その校庭に1台を設置した。村人たちは「携帯電話を充電したい」
「ラジオを聴きたい」と、ウィリアム君の自宅をたびたび訪れる。

ウィリアム君の挑戦には、アル・ゴア元米大統領をはじめ、世界各地の環境活動団体や
企業から称賛の声が集まっている。AP通信の元アフリカ特派員ブライアン・ミーラー氏は、
ウィリアム君と数カ月間生活をともにしながら取材を続け、先週その成果をまとめた著書
「The Boy Who Harnessed the Wind」を出版した。同氏は「紛争の取材ばかりが
続くなか、かれとの出会いは新鮮だった」と振り返り、「アフリカには、政府や支援団体に
頼らずに自分の力でチャンスをつかみ、問題解決の道を切り開く新たな世代が育っている。
ウィリアム君はその1人だ」と話している。

▲CNN(日本語)2009/10/10 11:55
マラウイの少年、独学で風力発電に成功 7年かけ
http://www.cnn.co.jp/business/CNN200910100001.html

■ギズモード(英語)2009/09/30
The Boy Who Harnessed the Wind: Persistence, Jury-Rigging, and Ingenuity Against All Odds
http://gizmodo.com/5370752/the-boy-who-harnessed-the-wind-persistence-jury+rigging-and-ingenuity-against-all-odds
http://cache.gawker.com/assets/images/4/2009/09/500x_windguy.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=arD374MFk4w

67:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:48:23 ID:KiPdOMpO

日本にはまだ原発数機分の水力がある。
まずはそれをいかしきってから。
ダムも必要。「すべての地域が、どんだけ雨がふっても浸水被害が起こらない」ようにすべき

73:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:55:41 ID:eDK3kwOg

風力なんてニッチだろ。

74:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:55:51 ID:9LpjV4kF

原子力、太陽光、地熱でいいよ。風力は、維持費の割にはまだ弱い。

75:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:57:05 ID:6YXZMAFm

5000基もあるとメンテナンスが大変そうだな。

78:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 11:59:44 ID:nY3e7oXw

ところで子どもの頃考えたんだが
風車を並べて 風を受けても発電効率落ちないなら
川を水車で埋め尽くしても発電効率落ちないだろ

81:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:04:22 ID:cVOcOhHe

>>78
ゴミが絡みつくから止まると思う。

82:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:04:50 ID:tE9Tngh5

>>78
風車は空気中の運動エネルギーから抽出できるエネルギーが少ないから。
非効率とも言う。
水車も適当な間隔置けば回る

79:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:00:06 ID:VGkmGN8N

日本にあんな風車はいらん
景観悪すぎ
あとスマートグリッドも日本国内にはいらん 日本の電力網は外国とは比較にならん位安定してる
外国で商売する分の開発はいると思うけどね

88:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:17:00 ID:QT12IjsN

アメリカの本命は4000億で作ったNIF「National (fusion)Ignition Facility」(アメリカ国立核融合点火施設)
https://lasers.llnl.gov/newsroom/
http://www.gizmodo.jp/2008/04/nif.html

アメリカ、マジで本気だから。
って、レーザー核融合は日本の阪大が開発したようなもんだが、日本に予算がつかないから
アメリカが先に投資してるだけ。EUも計画済み、フランスの同様の設備はすでに9割完成済み。

2010年実験開始で核融合成功のニュースが流れます。日本が開発し、アメリカが人類初の栄誉を得るだけ。もちろん日本の開発なんて一言もかかれません。

89:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:17:14 ID:K3p/s5UG

ダムはやめて風車にしろ風車なら適当なところで止められる。維持費も安い。
ヤンバルも風車で復活だ。オランダ風とかサボニュウス型とかアニメ風とか
名所になるようなものをつくれ。

92:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:20:16 ID:UjcAMaC+

>>89
風車より水車の方がいいだろ。
橋の下にでもさりげなくくっつけとけば景観をくずさないし、風車より安定して
回せるやろ。

90:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:19:01 ID:HdZmNdWa

日本は狭い。
騒音被害がバカにならない。

96:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:23:39 ID:sDn8WTp0

一番安定したクリーンな発電ってダム作る事じゃないか?

日本なんて年間の降水量が世界と比べるとかなり多くて、高低差のある山があるから理想的な環境。

水力発電は、絶対推進すべきだと思うけどな。

103:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:33:02 ID:E5hKsNqh

>>96
論外。水力では建造コストに見合うだけの発電能力が得られない。
電力需要を賄う為には、風力や太陽光のインフラ拡充、及び波力や地熱発電技術が確立するまでの間、
嫌が応でも原子力に依存せざるを得ない。

資源エネルギー庁
ttp://www.enecho.meti.go.jp/

最善の方策は私をも含め、もまいら一人一人が省エネを常日頃から心掛ける事。

99:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:28:05 ID:QT12IjsN

なんでアメリカの本命の核融合のニュースは議論しないの?
風力なんてただのパフォーマンスで
今、アメリカの科学者総動員で研究してるのは慣性核癒合だよ。

106:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:35:54 ID:tDoEPEWr

別に石炭は腐るわけじゃないからな〜。
自然エネルギーにすべて取って代わられるわけでもないし。 

ある程度は化石燃料が必要なわけで。

で アメリカのトンデモ技術でなんとかしてくれんの?
こんなCO2削減なんてちょっとやそっとじゃ出来ないんだから。ある意味核廃絶より難しい。
CO2封じ込めとか固体化とか地球と太陽の間に遮光幕をつくるとか。
そういう類じゃないと温暖化阻止は厳しいんじゃないの?

108:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:37:21 ID:VG/0wd9l

風力はまだビジネスの話をする段階にないだろ
地方自治体が補助金もらって何とか導入してるって状態なのに

風力あれば日本の電力を賄えるとか、何年後を想定してるのかと

109:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:38:30 ID:Oq4W1Qju

別にアメリカが風力に力入れてるからって、日本も追従する必要はないかと。

それより原子力と地熱に力入れるべきかと。特に地熱は副産物として地震予知
に役立つかもしれんし、海外で地熱を積極的に研究できるところは限られている。

110:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:38:40 ID:embTLdEH

素人考えだと、太陽光で藻育てて、微生物でアルコール作るのが
一番コスト安く済みそうな気がすんだが


113:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:41:49 ID:fR6H1J3g

>>110
それディスカバリーで見たわ
日本でも実験してるみたいね

水産庁が海藻からバイオエタノール製造技術を研究開発・5年間で技術確立へ:Garbagenews.com
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/01/5_35.html

123:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:05:31 ID:tE9Tngh5

>>110
あれは初期費用、施設に金がかかる、面積も必要だし。
維持費は問題ないかもしれんがな

111:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:39:17 ID:fR6H1J3g

日本の場合どの方法でも土地の問題が出てくるな
アメリカなら無駄に土地あるしどんな方法でも上手くいきそう
素材的に難しい太陽光より風力、太陽熱だろな

116:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:47:04 ID:VG/0wd9l

そもそも、この記事は

オバマ「アメリカの電力事情やばいから国のお金で何とかしよう、技術者なにか考えろ」
技術者「こんなことやって頑張ってます、だからお金ちょうだい」

って状況を紹介してるだけで、実用化してるって話じゃないでしょ
スマートグリッドだってこれまで設備投資ケチって来たからこその問題だし

117:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:47:19 ID:cIpux4bT

日本は海が多いわけだしこれなんて凄く期待なんだけど・・・
石油、石炭もういらない!? マグネシウム・エネルギー社会 東工大教授が提言

118:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:48:40 ID:vmvcHmfc

↓これ資料や試算がまとめられてて便利。

温暖化の観測・予測及び影響評価統合レポート「日本の気候変動とその影響」の作成について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11644

120:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:53:55 ID:fR6H1J3g

アメリカで一番問題なのは老朽化した送電線だとか

121:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 12:58:26 ID:VG/0wd9l

>>120
そこで「送電線にお金かけよう」じゃなくて
「送電線を極力使わない電力システムにしよう」ってするあたりがアメリカ


122:ぴょん♂:2009/10/12(月) 13:04:34 ID:PQ8/rv+5 BE:1171679459-2BP(1028)

>>121
日本じゃ考えられんわな。
まぁ 送電線使わない場合は 何かを輸送することになるんだが・・・

125:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:18:45 ID:VG/0wd9l

>>121
だから風力発電を開発して、あちこちで分散して発電しようって流れがある。
その場で使えば送電線は不要、という当たり前の話。

実際は調整や事故時のために必要だけど、それでも設備投資は抑えられる。

124:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:18:25 ID:ZNALAFdA

土地が狭い、住民がうるさい日本では
海上の風力発電がいちばん有望だ。

127:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:30:32 ID:KOTyaSUY

日本の海で風車を立てて発電できるところといったら
大村湾・・ 志布志湾・・ 八代海・・ 陸奥湾・・
波がおだやかで船舶交通量がそれほど多くないところだよね

128:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:41:41 ID:NQRdI6IK

地熱を上手く活用できないのには、多くの場合地熱発電適地に隣接する
温泉観光地の反対なんかがあるらしい。
しかし日本って何でこう何事をやるにも地域住民の矮小な利権に振り回されるかね。

種子島宇宙センターの漁業補償とか
ダムの建設中止騒動とか
成田のバカどもとか
リニアの長野とか

そういう奴らを問答無用でねじ伏せる、多少強権的な制度作ってもいいんじゃね?

130:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:55:15 ID:Bj9ErgDI

>>128
そんなんがありなら原発山のように作って、フランスなんかじゃ
当たり前のようにやってるのに、日本じゃ多少安全性が落ちると
言う理由で反対されてる負荷追従運転させればすべて解決。

132:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:58:11 ID:7fmhrTts

>>128
スターリングエンジンで発電させたら世界から注目を受ける観光資源になるのにな、あと鳴門に海流発電1万機とか。

129:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:45:32 ID:Gzp5+drk

水力発電こそが最強
耐用年数も無限だから地形エディタで周りを滝タイルで埋めて城壁みたいな街を作るのは
シムシティ2000やった奴なら誰もが通った道


131:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 13:57:21 ID:tE9Tngh5

>>129
真ん中に作ったわ。
盛土から水が湧き出てやがんのw

133:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 14:02:06 ID:Xo6wtk1m

アメリカが最初にすべきなのは送電網の更新整備

何年か前にはたった1箇所の変電所が事故を起こしただけで
広大な範囲で長期間の大停電になったと記憶している

電力会社が利益優先で設備の更新を怠っていたうえ
計画の不備でちょっとし送電量の変化に送電網が耐えられず直ぐにダウンする
結果として、不用意に一箇所でも落ちると連鎖的に周辺の設備が落ちる

風力だの太陽光以前のことだろう

134:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 14:34:44 ID:VG/0wd9l

>>133
だからオバマ政権が送電設備の整備に投資したり、
しょぼい送電網をうまく運用しようとスマートグリッドを推し進めてる

送電網への投資が2年で60億ドル、グリーンニューディール全体で1500億ドル
という金額をどう評価するかは知らないが

145:J('A& ◆XayDDWbew2 :2009/10/12(月) 22:06:22 ID:tnpladfh

お前ら、無理な理由考える暇あったら実現可能なアイデアを考えろよ。

148:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 23:53:49 ID:miUqbfyA

>>145
ここで出すくらいならアメリカ向けに発表したほうがマシ
ぶっちゃけここに出てる思いつきレベルの論文が乱造されてるんだよね
万が一採用されれば莫大な研究費貰えるから

みんなして論文出したものだから、評価・判断する人材が居なくて困ってるみたいだが

147:名刺は切らしておりまして:2009/10/12(月) 22:12:12 ID:7WLqJD64

やっぱ凧でしょ。 上空の風はずっと安定して吹いてる。
騒音も立地も鳥も関係なし。

こいつが実用化されれば従来の風車型風力発電は一気に陳腐化する。
やみくもに大規模投資するのは危険。

151:名刺は切らしておりまして:2009/10/13(火) 00:22:02 ID:qVk4kSYv

石油はあらゆる場所で使われている
世界共通のドル箱だから

152:名刺は切らしておりまして:2009/10/13(火) 04:08:21 ID:vgsJXwA1

台風での強風は比較的局地的かつ移動していくものだ。
その他の広大な周辺部では風速10数メートルのちょうどいい風が吹いて
定格100%出力が得られる。都合がよい。

153:名刺は切らしておりまして:2009/10/13(火) 05:11:53 ID:bEQN3wMa

CO2排出権を中国でなくアメリカから買うというのもありなんだな

154:名刺は切らしておりまして:2009/10/13(火) 06:07:18 ID:S0bCr2ab

石油のある国が太陽光や風力にも適していて、日本は運悪すぎ

155:名刺は切らしておりまして:2009/10/13(火) 06:20:27 ID:00it4NW9

風力では火力発電所の数や待機を減らせない。
ソーラーではある程度減らせる。


 コメント一覧 (11)

    • 1.  
    • 2009年10月13日 16:11
    • 波力発電メガフロートを作成し、表面に太陽電池貼り付け、余剰電力で海水を分解して水素を作る。
      発電所にフライホイール置いて、余剰電力を蓄積する。
    • 2. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 16:33
    • どこの新エネルギーも補助金漬けでなんとか回ってるのが現状。
      風力辺りは特に今の形の延長線上に未来の技術がある感じでもないし、
      バブルが弾けりゃゴミの山になりそうな気はする。
    • 3. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 16:59
    • 凧はケーブルが飛行機の邪魔になるんじゃ・・・
      ケーブルを使わないとするなら、やっぱり、宇宙太陽光発電で開発されてるマイクロ波送電になるのかな
    • 4. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 17:35
    • 風力発電はコストパフォーマンスも効率も悪い。
      しかも海外製品で故障率も半端じゃない。
      やるなら日本独自の地熱発電や他でやらないと駄目だ。
    • 5. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 18:10
    • 超伝導を常温でも起こせるようにして
      送電時の電力消費を無くせばいいんじゃね?
      とか考えてたらヘンドリック・シェーンを思い出した

      奴の研究結果が本当だったら今頃世界のエネルギー事情は変わってたのにな...
    • 6. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 19:52
    • 風力発電なんて立地条件がメチャクチャ限られてるんじゃねえの?
      畑の真ん中とかにおけばいいんだろうが、農地法だかが邪魔して立てられない。
      連続的に強風が得られて、方向もそんなに変化しないところなんて海岸線くらいしかないんじゃねえの?
      台風だって来るのに・・・。
    • 7. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 20:47
    • お米で発電かおもた

      山間部では用水路とかでミニミニ水力発電してて日本は60パーセントぐらいならこういう細かい自然エネルギーで賄えるってテレビでやってた
    • 8. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 21:06
    • やはりここは月だろ
      なんかこうすごいエネルギーありそうじゃん。満月は事故起きやすいとかいろんな言い伝えあるし、時代を3段飛びするようなすごいものありそうじゃね?
      ジェット気流に手を出したら気候に影響でそうなんだよな。逆に気象をコントロールする術身につけられそうだけど
      雷とか雨とか発電に活用できないだろうか
    • 9. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 21:07
    • 外来種駆除する時発電できねーかな〜。燃やして
      一石二鳥なんだけど
      効率悪いんだろな
    • 10. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 21:13
    • 米1
      真水は電気分解して水素取り出すのと水素燃やして水造のは同じエネルギー量だから太陽光で発電した電気はそのまま使った方がいいと思う。海水だからもしかしたらいけるかもしれんが塩作ってる会社に発電させたりしたらメガフロートいらないだろうな。海水なんて無限にあるようなもんだし。
    • 11. 名刺は切らしておりまして
    • 2009年10月13日 21:22
    • たくさんの家畜か人で北斗の拳みたいにタービン回したらいいんじゃね?
      アメリカ人ならジムでやれば一石三鳥どころじゃないだろうに。ダイエット敵に考えて。
      ロードランナーかなんか走り回る生物いるらしいから紐付けたりハムスターに発電させたりとかが一番効率よさそう
      もしくは車のラジエターのサーモスタットみたいに膨張とか設定して工夫して、ある温度になると勝手に回るような機構の金属の風車とか。結局太陽熱ってことになるかもしれんが排ガスやエアコンの排気とか利用したら少しでもロス減らせそう。温度上がっても下がっても回る風車ならかなりいいと思うけどな〜