1bf8286d.png1:@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/04

 一部のヘッジファンドは、今後日本にとって厳しい状況が続くことに賭け始めている。

 これらの投資会社の中には、ここ数年間リスクの高い住宅ローンや金融機関への投資で収益を上げてきたところもあるが、彼らは日本の金融システムの先行きには暗雲が立ち込めているとみている。日本政府の借金は引き続き拡大するなかで、日本国債に対する需要が減少する可能性があると考えている。

 米テキサス州ダラスにあるヘッジファンド、ヘイマン・アドバイザーズのカイル・バース氏は、「(日本の国債価格の暴落は)必ず起きる。問題はいつ起こるかだ」と語った。同氏は起こる方に賭けている。バース氏やグリーンライト・キャピタルのデービッド・アインホーン氏やペレラ・ワインバーグ・パートナーズのダニエル・アーベス氏などは、日本国債市場が破綻(はたん)した場合に利益が出る様々な投資商品を購入している。



 世界金融危機の後遺症で悪化する各国政府の財政状況に対する懸念が高まるなか、ここ数カ月でギリシャやアイルランドなど各国の国債価格の下落に賭ける投資に注目が集まった。

 しかし、日本国債の価格下落懸念は他国と比べ一段と深刻な問題だ。日本国債の市場規模は694兆3000億円であり、世界経済における日本の果たす役割が大きいからだ。

 日本の財務省はこの件に関するコメントを控えた。

 しかし、全ての投資家がそのような懸念を抱いているわけではない。まず、日本国債の価格下落に賭ける投資は、これまで長らく利益が出ず、投資家には大きな損失をもたらした。日本の抱える問題は深刻だと確信している投資家ですらリスクのヘッジを行っている。バース氏は、6億5000万ドル(約590億円)のファンドのうちわずか一部分だけを日本国債を弱気にみた投資に振り向けているにとどまっている。

 増大する政府債務や、国債需要は減退するという長年の予想にもかかわらず、国債市場は何とか持ちこたえてきた。それは、銀行や年金基金、保険会社など国内の金融機関がほぼ全ての国債を買い続けてきたからだ。

 それによって国債利回りは低く維持されてきた。長期金利(国債10年物利回り)は10年以上2%を超えたことがない。また、外国人投資家ではなく国内の投資家の存在が大きいことから、国債市場から大幅な撤退が起こる可能性も低い。

 しかし、弱気筋は日本の国債市場の破綻に備えて賭けるだけの理由があるとみている。国際通貨基金(IMF)は、日本の公的債務の対GDP(国内総生産)比率は今年219%に達すると予想しており、1998年の120%から大幅な上昇となる。諸外国と比べても、米国は85%、英国は69%で、大きな差がある。政府資産を除いた日本の純債務残高も高く、IMFはGDP比105%としている。米国の場合は58%だ。

 日本の高齢化の進展に伴いより多くの人が定年を向かえることで貯蓄率が下がり、従来の投資家の買いが鈍り、ついには売り手にまわるのではないかとみる向きもある。世界最大規模を誇る年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、来年には国債投資が売り越しになる可能性があるとの見方を示した。GPIF運用資産の約4分の3は国債に投資されている。

 ヘイマンのバース氏は「国債の最大の買い手が、今では売り手になっている。それがいま最も大きく異なる点だ」と語った。投資家、特に海外の投資家を日本の国債市場に引き付けるには、国債利回りが大幅に上昇する必要がある、と弱気筋は主張する。それは政府にとっては、債務のコストが重荷になることを意味する。

 さらに、8月に民主党主導の政権が誕生したことも投資家の不安をあおる結果となった。与党としての経験に乏しい新政権が国民向けに大盤振る舞いをするのではないかとの懸念を投資家は抱いている。政府は30日、経済成長や雇用の促進を目指す新成長戦略の基本方針を打ち出した。

 日本政府は先日、来年度の国債発行額の努力目標として44兆円を提示したものの明確な国債発行の上限を設定するには至らなかった。弱気筋にとって、政府は財政規律に真剣に取り組むつもりがない証だと映る。

 過去に痛手を負った一部の投資家ですら日本国債への投資を無視できなくなってきている。投資顧問会社インディペンデント・ストラテジーの社長、デイビッド・ロッシェ氏は1995年、日本国債利回りは急上昇すると見込んでいた。「装ったジャンク債だ」とまで言い切っていた。

 今年、ロッシェ氏は当時の予想は「大間違い」だったことを認めた。日本の投資家は銀行に貯蓄し続けたことが理由だった。日本銀行の低金利政策に後押しされ、銀行は預かった資金を国債に投資し、国債価格を据え置き利回りを抑えて来た。

 同氏は最近のリポートの中で、そのような構図は崩れていくだろうと指摘した。日本の貯蓄額自体は依然大きいものの、1990年代には10%超あった貯蓄率は3%以下まで低下して来ている。

 トレーダーは様々な方法で国債の価格下落に備えて投資を行っている。一部の弱気筋は債券先物相場に関するオプション契約を結んでいる。また、債務不履行に陥った場合の保険になるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を購入するトレーダーもいる。さらに、コンスタント・マチュリティ・スワップ(CMS)キャップや「スワップション」などの非標準型デリバティブ商品を購入する向きもいる。

 ヘイマン・アドバイザーズに近いある関係筋によると、バース氏は金利上昇に備え120億ドル相当の日本国債のヘッジに600万ドルほどかけている。多くの投資家は未だにその手の投資は上手くいかないと考えているため、大した金額ではない。

 現在1.3%の長期金利が3%程度まで上昇したとしても、儲けは大きくないが、4%に達すると、600万ドルの投資で約1億2500万ドルの利益を得られることになる。複数の関係筋によると、長期金利がその後1ポイント上がるにつれ、少なくとも1億2500万ドル分の利益が出ることになるという。

 このような投資は増えつつある。トレーダーらは、国債の金利が何倍にも上昇したり、円が25%かそれ以上下落するなど大幅な市場の変化で多額の利益が出る金融派生商品(デリバティブ)への関心が高まってきていると話している。
(記者: Gregory Zuckerman and Joanna Slater )






6:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:44:58 ID:2l9c6UK+

確実に勝てる勝負だろ
自分を信じ続けることができれば

7:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:45:21 ID:8f0FPWK6

もっともらしい理屈で新たな詐欺商品を作りだそうとしてるまで読んだ

8:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:47:12 ID:cuwY5P23

これは大儲け出来るチャンスだぞ

はやく 国債暴落しないかな

10:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:50:37 ID:SR+hfDpD

しかし懲りないねぇ・・

11:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:51:32 ID:9fpHaMfN

国債が売られたらその資金で株が買われるから
日経平均の空前の大暴騰が起こるだろうな

12:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:51:43 ID:dfkyKY9L

ほぉ 外国人が売り煽りか…。んじゃ買いだな。

13:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:51:58 ID:XjPDQ1N+

国債価格が上がることはない
これだけジャブジャブ発行してるのだから
暴落が起きるか起きないかだけ
負けは無い賭けだね

15:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:53:50 ID:dfkyKY9L

>>13
win-evenか…

14:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:52:10 ID:7uloGG8p

その前に欧州圏と米国国債が暴落するだろ。

16:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:54:16 ID:tRGNU2AP

国債も円も株も下がるんじゃない。
日本終わりの巻

17:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:54:23 ID:xvibvrN3

>日本の高齢化の進展に伴いより多くの人が定年を向かえることで貯蓄率が下がり
消費された金が蒸発すると勘違いしているのかね。
大部分が国内で消費されめぐり巡って銀行預金に、でまた国債購入

18:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:55:17 ID:5XbMx8EV

また日銀砲で粉砕されたいらしいな、禿ども

20:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:58:00 ID:bg25vNyY

2年後だっけ?日本国内で賄えなくなるタイムリミットは
どうなるんだろうねー

21:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 22:58:51 ID:5b+cHOj+

>>20
インフレ

22:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:00:06 ID:pI5bwKzc

国債・公債のCPD下位30位(市場が見なしている、今後5年間でのデフォルト確率)
http://www.garbagenews.com/img10/gn-20100102-02.gif
http://www.garbagenews.net/archives/1197642.html

25:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:00:20 ID:b1VNYmTM

つまり日銀が低金利政策・デフレ政策を続けてるのは
政府が国債を発行し続けるからってわけだろ

インフレ政策に転換して年5%位のインフレになれば
今までの国債の金利分消せるってことだな

26:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:00:22 ID:+kDxHsbj

大洪水よ、わが亡きあとに来たれ!

33:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:05:03 ID:fTnRx8/Z

デフォルトおきるときは外国への借金が返せないとき
日本は85%は日本の貯金から立て替えている。
純粋な海外への借金(外国人の国債etc)はたしか5〜7%程度。
海外への貸付はダントツで15%どころかそれ以上。つまり純資産国ってこと
円が下がるときは日銀が介入して円安に持っていく場合がほとんど
話にならん。

36:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:05:59 ID:x5uoccwR

どう考えても米国債はバブルだがね
暴落するのはこっちだろ?

42:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:12:22 ID:5XbMx8EV

しかし国債44兆円だっけ
そんなに売れるのかよ
誰が買うんだよ
日本の銀行にそんな金あるのか

44:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:13:14 ID:KyikFWNT

>>42
銀行と郵政が買ってたんだけどその片足をもぎる

45:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:13:45 ID:BMsnuR/p

国債を売ったら100回中99回は負ける。けど大きな1回の勝ちにかけているんだね。
でもたぶん勝てないよ。日本が破綻しない限り、満期が来たら100円で償還されるのだから。

49:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:15:09 ID:TCPQsAd5

国債もバブルだからなぁ。でもそのバブルがいつはじけるのか、
どういった形で暴落するのかは知らん。

50:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:15:21 ID:xPR1VLc8

日本国債より英国破綻とかに賭ける方がまだ勝ち目が高いんじゃないの?
つか、自分のカード晒すわけねーってw

51:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:16:39 ID:KyikFWNT

日本国家を潰すにゃ簡単、郵政民営すればいい〜♪

54:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:18:14 ID:zDJAnha9

経済学は再現性がないゲームだから少数意見が勝ったりするんだなww

56:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:19:44 ID:O1trtfSv

ゆうちょを再国営化して全額国債投資。
名前はゆうあい貯金にでも改名すれば?w

72:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:32:28 ID:zolNupfR

自国の国債買い取りするとどうなるかはアメリカが絶賛実験中だから、しばらく眺めてればいい

80:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:37:25 ID:nFpIPomb

国債が増えると日本の保有資産(資金)が増えます
何でか分かるよなお前ら

82:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:37:56 ID:bXu8ZKg6

これって日本政府が買い向かえばいいの

88:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:45:08 ID:BMsnuR/p

>>82
まあ、政府が買うにはファイナンスしなきゃいけないんで、税収がなければ
新規国債を発行して既発国債を買い入れ消却しても意味ないよ。
預金ばかり溜まって融資先のない銀行や株式投資に懲りた生保が買うよ。

90:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:47:24 ID:bXu8ZKg6

むしろ外人に買ってもらってびしばし絞られたほうがいいのでは

95:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:50:56 ID:4RkR1hjY

貯蓄率がマイナスになっても国債の買い手はいるのかな。
60歳から65歳の層は年金のフル支給ないから働いてない限り
貯金で食いつなぐだろう
国内総生産も減少傾向が続けば金融機関の資産もいずれ減少する
と考えられるが。

97:名刺は切らしておりまして:2010/01/04(月) 23:54:43 ID:5ulDA8eU

>>95
> 貯蓄率がマイナスになっても国債の買い手はいるのかな。
最近は企業部門が貸し手だね

103:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 00:00:46 ID:hP+l5EsR

自分としては暴落シナリオのほうが日本は助かると思ってる。
現在暴落すれば円安につながるので経済構造を変化させずに、日本経済を成長させられるから。
むしろ、円高で外需だのみの経済構造を変化させるようせっつかれている方がつらい。
国債&円売り歓迎だぜ

105:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 00:01:32 ID:Pl3eSGTr

国債が暴落して一番困るのは税金で食っている輩さ。

109:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 00:11:45 ID:S2gO1G1n

デフォルトしないと思ってる奴、金融機関に金預ける奴がいなくなるケースも考えとけよ
デフレスパイラルからのデフォルトはあり得るからな

123:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 00:40:53 ID:KrfbZ3eq

20年30年ってスパンでみればありえるかもしれんが
ここ2〜3年ではないんじゃないの?

126:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 00:44:49 ID:NpgOx1Ou

>123
いろんなエコノミスト(笑)の国債暴落予測を読み漁ってみたけれど、
けっきょくマインドの要素が大きいから確かな時期は予測できないんだよな〜
早くて今年、遅くて2030年までいろんな言説があった

でも民主党政権が続く限りいつか来ると思うから対策しといたほうがいいと思う

127:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 00:54:47 ID:v8/Ypew6

とりあえず4年間くらいは大丈夫じゃね。
刷れなくなったら大増税ですね。

133:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 01:04:38 ID:8XtgMHTg

国債買い取り1兆8000億円に増額 「限界近い」と日銀総裁 2009/3/19
http://www.j-cast.com/2009/03/19037960.html

 日本銀行は2009年3月18日に開いた金融政策決定会合で、長期国債の買取額をこれまで
の毎月1兆4000億円から1兆8000億円に増やすことを決めた。増額は08年12月以来で、3月
から実施する。

 市場では政府の財政出動によって国債が増発されるため、金利上昇が懸念されている。
これを抑えて、長期資金の供給を増やすことで市場の安定確保、景気の落ち込みを防ぐ狙
いがある。日銀の白川方明総裁は、「今後の国債増発を念頭においているものはない」を
しながらも、「(買取額は)かなり限界に近い」との認識を示した。


138:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 01:16:54 ID:6Gyqo5Wz

>>133
限界の理由を説明してほしいわ。日銀券ルールを盾にするしか出来ないんだろうけど

137:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 01:10:58 ID:ujFR//uo

10年物国債は1990年の底値から78%上昇した(図参照)。
「債券市場では、世界でも稀なほど強気相場が長く続いた」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2487?page=2

144:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 01:34:04 ID:bfKZqI0C

ハイパーインフレ以前に5年ほど円安インフレ5%程度が続くだけだろうな
インフレ後に団塊が退職してたらそれこそ支払いで破産してただろうけどな

151:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 01:48:00 ID:1hRUy8oo

「いつ起こるかを予想するのは、何が起こるのかを予想するよりも何倍も難しい」
フィリップ・アーサー・フィッシャー

162:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:02:29 ID:neii2dw4

財務省が(少なくと二三年前は)インタゲに反対で
金融実務家がインタゲに反対なのも
「国債暴落=金利上昇」と「物価上昇=名目成長率上昇=預金の実質価値の目減り」
との時差がどのくらいが予測不可能だからだろ。

164:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:03:55 ID:ujFR//uo

市中金利の動きは、上昇は短期、下降は長期というのが一般的
低金利に慣れすぎで永遠に低金利だと錯覚したら危険だわなww・・・・・

168:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:06:08 ID:680dno5r

国際収支がプラスの日本ならではの現象といえよう。それに円安になれば一瞬で借金返済できる程稼ぐ能力を持っているからねえ。

実は小泉改革の終盤に国債残高が実際に減少する所まで改革が進んでいたんだよね。一瞬だけ減少しはしたがその後の福田内閣以降で小泉系改革が全て終了されてしまい
国債発行を大幅に増やされて財政再建も泡と消えた訳だが、一ドル120円レベルの円安になればまだ挽回が可能だ。大幅な税収増で一気に借金返済!

170:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:07:49 ID:zVbAKtvM

日本国債が破綻しそうになったら、日本が持ってるアメリカの国債売って補填しろよ

171:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:09:31 ID:dZ71sgmc

>>170
そんなことしたら円高加速して日本国内の民間企業が死ぬ。

173:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:19:01 ID:ujFR//uo

長期金利上昇 国債「投売り」そう遠くない
http://www.j-cast.com/2009/10/31052977.html

95%を日本人がもっているから大丈夫とか、郵貯がもっと買えばいいといった
意見もあるが、ひとたび信用力を失ってしまうと落ちるのは早い。
銀行や生保ももっていられなくなって・・・
金融機関が「売り」に転じたとき、それを「合図」に長期金利は一気に上昇、
国債の「投売り」がはじまるのもしれない。

179:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:40:43 ID:ujFR//uo

金融当局の信用性失墜とともに国債の信用性も後退するとの連想から、
国債先物が一時ストップ安となるなど、波乱状態となった。

昨年の9月の出来後ですたww 今後もいろいろありまっせ

185:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 02:58:37 ID:WJbKsqSW

日本の国債暴落よりアメリカの国債の方が危ういのでは?中国が、世界一アメリカ国債を
所有中、ちなみに日本は、二位。自民党元総理発言で揺れたアメリカ国債。日本はアメリカ
国債売却すればの一言が、アメリカの国債に打撃を与えたのをお忘れか?

189:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 03:11:42 ID:iaazay+M

また手出して損するのがおちでしょ

190:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 03:26:21 ID:UzQiCEIm

CDSに投資した方が利益でるんでね?
政権交代してからもう50%近く上がってるし

191:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 03:28:42 ID:YhfFeWeD

デフレの日本なめてるな
デフレだから見た目は低金利でも実質金利高いんだよ
過去30年間の投資収益率は、株式が+3.4%だったのに対し、国債は+6.8%
デフレ下では、国債は株より倍も儲かる
長期投資では、株式売りの国債買いが正解

196:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 04:13:04 ID:TMvgIaeR

キタキタキタ

仕手筋達ですね。サブプライムローンで減った資本を日本で回収する気だな

198:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 04:31:17 ID:u2eDNHSE

その国債の利回りは誰が負担してるの?

200:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 04:36:58 ID:9pYl8rgi

>>198
国民が税で負担してる

201:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 04:37:00 ID:eWt+ufFY

アホくさ
アメリカが破綻してるクセに

202:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 04:38:23 ID:9pYl8rgi

おいおい
金融屋=アメリカじゃねーぞ
金融屋は自国のアメリカすら売ってるんだからそこは押さえとけよ

206:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 05:41:18 ID:bxqmOQh3

国債売るより、円を売るのがいいだろう

日本政府自身が、死ぬほど円を売るべきじゃないの?
役人の給料を遅配、欠配していいから、クルゼイロや豪ドルやチリの通貨・銅山でも買えよ

211:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 06:20:14 ID:OXFMXnvB

日本の財政状況は今は積極財政とかいう猶予ができなくなりそうな
くらい危機的状況。ちょっと財政状況が悪いとかいう状態ではない。
政府は破産寸前。平時の状況ではない。

政府が破産を回避しようとすれば、増税かハイパーインフレを意図的に
発生させるしかない。ハイパーインフレは国民の預貯金を大きく毀損する。
それと、今まで国債を買い支えていた預貯金が底をつきかけ、減少傾向に
なる。中国は財政的まだまだ余裕があるし、将来的に回収できる見込みも
ある。日本の財政は全く余裕はないし、人口減少による経済衰退が確実で、
将来的に全く回収の見込みがない。この差を理解できていない人が多い。

213:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 06:34:25 ID:7q8PNGXA

しかしまあ、よくこんだけ国債刷って買い手がつくもんだな

215:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:03:05 ID:f1Zf9bwn

その買い手がそろそろ危うくなってきている。
来年度の国債消化が未達になると予想してる人もいるし、
来年度はともかく、何年も無事消化するのは不可能と予想する人は多い。
金利負担も既に税収の25%に達する。確実に破滅が近づいている。

217:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:20:12 ID:crq7LdEt

>>215
買い手がつかないのは利回りが悪いからだろ。
上げざるを得なくなる。そこで買い手はつくだろ。
この低金利の時代にそれほど高利回りの金融商品なんてそうそうはない。
だから米国債もその利回りから買われているが、やはり問題は長期金利の高騰。

これが続くと資産デフレはいつまでも回復はしない。
長期金利が上がっていては長期的なローン、特に不動産ローンが増すわけがない。
で、延々とデフレ対策景気対策の必要性から国債発行や増税スパイラルになり、いずれは破綻する。

国債自体の信用不安からの暴落より資産デフレがらみの暴落の方が
確実で逃げ道がない。

預貯金自体の目減りだけが銀行の資産悪化ではないぜ。
少なくとも過去の経緯では預貯金よりも地価下落による不良債権の増大が金融機関の
信用や資産を悪化させた。国債の最大の引き受け手が減るとしたらこれだろ。

さて、なぜ無人のタワーマンション群のある都市再開発の破綻を誰も話題にしないのか?

216:194:2010/01/05(火) 07:15:03 ID:sh3Zhpcn

このまま増税して借金を返すと、信用創造で膨らんでたマネーが縮小して、
マネーサプライが減るという自体になってしまう。
そうなると、資本主義経済は成り立たなくなってしまう。

よって、国が借金を返すのなら、代わりに企業や個人に借金をしてもらうか、
インフレを起こさないと、マネーサプライを増やし続けられないのではないだろうか?

日本のマネタリーベースとマネーサプライ
http://cloudy9.blog29.fc2.com/blog-entry-27.html
http://happy.ap.teacup.com/kabusikitousi/474.html

日本の貨幣乗数、信用乗数の推移
http://ameblo.jp/yukarig/entry-10199143746.html

222:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:34:39 ID:TMvgIaeR

団塊世代が死にはじめる20数年後には、住宅の需要は減る。

中古で家を買うならその時に買えばいい。
と多少頭がある人はわかっているからね。

人口減に既に入っていることをお忘れ無く。

223:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:35:14 ID:LNi1oSj8

悪い方に賭けて、それを期待する、って人間にはなりたくないね。
長期金利1.8%のときに買ったダブルベアファンドは、買値まで戻して欲しいけど。

226:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:43:04 ID:TMvgIaeR

今年より来年、来年より再来年の方が住宅需要は減るんだから
公営住宅で子供を産んでくれる若い世代を保護しておけば十分でしょ。

住宅価格はどんどん下がるし。

232:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:51:13 ID:crq7LdEt

>>226
だから、その住宅価格が下がっては地方の財源も金融機関の担保も
改善はしない。ジジババも投資せんよ。連中は不動産の価値しかわからんのだから。
自営業でも老後は年金と不労所得で生活したいと考えるものだ。

こういう連中は株だの債券だの複雑な金融商品がよくわかる脳味噌なんか端から無いww
無理なんだよ直接金融だの金融商品だのへの資産の移動なんてものは。
教育レベル考えてみな。国際情勢だの法制度だの金利や為替の流れなんか説明すると
寝ちゃう連中だwww

230: [―{}@{}@{}-] 名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:47:51 ID:0wVlFnce

日本のGDP減少で、信用市場に巨大リスク−1991年来の低水準

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920009&sid=aZxdnCt9m7Xc

234:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 07:57:00 ID:J/wuzJkM

団塊です
息子は氷河期とゆとりです

238:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 08:02:47 ID:TMvgIaeR

>>234
頭の痛いことを言わないで><

今までは、需要の落ち込みだけをきにしていればよかった。
今は預金者の預金の残高まで気にしないといけないのか。

236:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 08:01:00 ID:a4K2oKu9

日米の対外純資産(公的+民間 2008年末、為替レートはIFSレート)

日本 225.5兆円
アメリカ −278.4兆円

日本国債の売り仕掛けよりもアメリカ国債暴落に賭ける方が楽勝なんですけどw

264: [―{}@{}@{}-] 名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 08:41:57 ID:0wVlFnce

1. 財政破綻国家アルゼンチンに学ぶ  

2003年10月19日付け朝日新聞にアルゼンチンの特集記事が掲載されています。
読めば読むほど、日本とあまりに類似しているので背筋が寒くなる思い
です。アルゼンチンは、世界トップレベルの農業国で、 20世紀半ばまで、
30年間も経済成長率が平均6%を記録したそうです。そして国民一人当たり
のGDPは4位から7位をつけていたそうです。 つまりアルゼンチンは押しも
押されぬ南米一の先進国に成長したわけです。

ところが1946年に誕生したペロン政権が大衆迎合的なバラマキ 政治を続け、
90年代末ついに国家財政が破綻したのです。99年から4 年間はGDP成長率が
マイナスとなり、2002年にはハイパーインフレが 起き、失業率が21.5%
に達したそうです。アルゼンチンのたどった軌跡、すなわち(1)国家の
成長産業勃興、(2)経済の高成長、 (3)成功体験、(4)傲慢、
(5)転落、(6)崩壊という国家の栄枯盛衰パターンが日本と非常に
似ています。

(p)http://www.asyura2.com/0311/hasan31/msg/342.html

278:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:03:09 ID:F5XjQMpb

単純に、日銀が国債の買い取りを増やせばいいだけの話。
日本国債(政府債務)の問題はそれですべて解決。

どんだけ日銀がバランスシートを汚してないか、コレを見れば一目瞭然。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/ChuoBS0910241.jpg(三橋氏のblogより)
なめとんのか!w と言いたいくらい

つーか、米国中央銀行(FRB)の資産(バランスシート)とか見たことある?
もうメチャクチャ。
http://cumber.com/content/misc/fed.pdf
http://cumber.com/

282:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:13:45 ID:sh3Zhpcn

>>278
FRBのバランスシートは興味深い。
ひたすらにモーゲージ債(住宅ローン)買いまくってるのか。

デフレの間は赤字が出ても紙幣を刷ればいいけど、
これがインフレになってきたら、ちょっとやばいのかなー。

インフレ抑制&赤字解消のために早めに金利を上げてくるかもしれない。

280:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:11:57 ID:sN9tsTky

キャピタルフライトとかいってるけど、海外に流れた資産は
いずれ還流してくるよ。資産を移した年寄りが海外に移住したら
帰ってこないけど、日本の年寄りがいまさら海外移住はしないよ。
結局利益確定で最後には日本円になる。あるいは相続した
遺族が日本円にもどす。海外に逃避しっぱなしの資産なんて
ほとんど無いと思うけどね。

281:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:12:22 ID:85kdXmzt

俺も国債が暴落すると思うので準備したいと思う
個人では外貨以外に日本国債市場が破綻した場合に利益が出る"様々な"投資商品の
どんなのが買えるんだろう

284:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:27:17 ID:eWt+ufFY

日本の国債は自家消費
アメリカみたいに
外国に自国通貨を極端にわたすようなことはありえない

290:淘汰:2010/01/05(火) 10:48:29 ID:g7d1G74l

>>284
誰も買ってくれない(自家消費 )を自慢されても困るんだが。

285:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:31:22 ID:xzBaV/IU

日本円と日本国債少なくとも一方は必ず暴落する

289:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 10:44:01 ID:oN/KkUL6

よくわかんないんだけど、90%以上が国内の銀行と政府系金融機関
が保有でしょ。そもそも日本国債に流動性なんてほとんどないんだから、
徴税権振りかざして消費税、所得税、市民税、固定資産税を大増税、
社会保険料引き上げ、年金引き下げ、とかで償還費をまかなうことに
なるんじゃねえの?国債がデフォルトになるより、償還費のつけで内需
が決定的に壊滅状態になり、企業倒産が続出し、株安になるというストーリー
の方が現実味があるような...

291:淘汰:2010/01/05(火) 10:51:35 ID:g7d1G74l

国債の暴落

国債の利息返済が、税収を超えたらアウト。
自転車操業で、維持でいるのは短期的な話。これは猿にでも理解ができる。

現実的には、人間の感覚だと、借金返済のお金が、収入の5割ぐらを超えたらアウトか?

292:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 11:09:10 ID:sh3Zhpcn

>>291
今年は利払いが約9兆5000億円だから、さすがに税収を超えることは無さそう。
もし超えるとしたら、それは国債信用バブル状態。
国債の発行だけで何倍の信用創造をすればいいんだろうか。

293:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 11:11:09 ID:jp7w5xtU

「日本国債暴落」って噂を流すところって安値で拾って一番得する所だから
そうすると日本政府とか日銀とか?w
禿も元気のいいところだと中国系とかかな?

310:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 14:04:29 ID:TMvgIaeR

PBを均衡させるだけでも30%以上の消費税増税は確実

既に政策的には無理 どんな政権でも飛ぶ
(IMF試算では60%以上の消費税増税が必要という話もある)

5%や10%の消費税増税としか言えないチキンに未来の日本を作ることなどできない。
だったら増税反対じゃぁぁ

318:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 14:52:42 ID:pJzFD/Jd

国、企業、国民のどれかが破綻しそうになれば、あっという間にすべて
破綻するという状況だよね。

319:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 14:56:40 ID:bbB0VZJb

>>318
そうそう。

322:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 15:08:36 ID:SXtmQbWJ

この手の予測は大抵当たらないし、損失を招く。
国債暴落すんならイギリスとアメリカの方がずっと先。

323:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 15:11:30 ID:6ZIb9Lvv

>>322
そう思いたいけど発行額の差がな
国内引き受けが厳しくなるのは間違いないし
いよいよ海外か・・・
でも格付け下がるしね

326:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 15:17:36 ID:EsIhofgd

円高来てるなw
金利差とドル円の相関関係が崩れてる、これは新たな局面入りじゃないのか?

この非常時に外国人参政権にかまけてる民主党に対応が出来ないのは明らか、
先のドバイショック時の対応の稚拙さは経済閣僚とは思えないお粗末なレベルだった。
正直、ニュー速民の方がレベル高いぞw
最近、民主党の閣僚の顔が強ばってるが、やっと事態が分かり始めたか?
しかもこの非常事態に財務大臣が健康問題とは・・・・・終わってるな。

327:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 15:18:49 ID:bbB0VZJb

ドバイんと

329:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 15:20:53 ID:ZxSrjIiR

日銀砲は民主党が埋蔵金として使うからなくなるよ。

336:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 15:54:19 ID:Vz0zbTGj

池田ノビー先生も↓のように仰せだぞ。日本国債の終りは近いだろう。w
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51340665.html

342:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 16:35:34 ID:kdw/FG6T

日本の環境技術でどの程度の内外需が見込めるのだろう?
日本の環境技術が本格的に多くの国で実るのを待っている間に国債の信用はどうなる?
借金と少子化のスピードの方がはるかに速いと思う。
まず借金を減らし続けること。(日銀の思い切った量的緩和と値上げ税によって。)
同時に成長戦略を全体構想で練り直して日本の存在価値をもっと高める。
少子化ありきではなく、とにかく子供を増やす。 (国際競争に勝てる教育と暖かい家庭環境の中で。)
 古い人間の多くは心の底で今の日本を満足している。(経営判断の鈍さは大企業病ではない。となりの新興国を参考。)
 国を変える新しい人間を増やし、古い人間を看ながら世界に誇れる日本を目指す。

借金が増える間は何やってもうまくいかない。
国内を立て直しながら日本の環境技術を世界に広めないと。国内だけで消化している国債のうちに。


347:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 17:13:45 ID:sh3Zhpcn

>>342
麻生政権時代の記事だと+30兆円。

環境市場100兆円規模 日本版緑のニューディール
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009010501000790.html


新成長戦略だと+50兆円。

100兆円の需要創出 4年後に失業率3%台 新成長戦略基本方針を決定
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091230/plc0912301141005-n1.htm

環境・エネルギー分野では、太陽光、風力など再生可能エネルギーの普及を進め、
蓄電池や次世代自動車など革新的技術の開発を前倒し。
32年までに50兆円超の新市場、140万人の新規雇用を生む。

346:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 17:07:37 ID:sh3Zhpcn

ちょっとごちゃごちゃしてきたのでまとめてみた。ダメ出しなどよろ。

案1−需給ギャップを埋めることでインフレを目指すパターン
・需給ギャップを埋めるために日銀買取&財政出動をするのであれば、
 より経済効果の高い物に投じた方がよい。エコポイントなど。
・需給ギャップが埋まれば、失業率の高さもデフレも解消する。
・経済効果が高い税金の使い道が減ってきているので、
 需給ギャップをすべて埋めるのは難しい?
・輸出するにも人件費がネックになっているのなら、
 年金、失業保険、健康保険の低所得者分を国庫負担にして、
 新興国への輸出で設備稼働率を上げる。

案2−多額の日銀買取&財政出動でインフレを目指すパターン
・とにかく失業率が下がって、給料が上がるまで、いろいろな産業に補助金や直接投資を行う。
・政府の研究開発費を+10兆円して13兆円に、省エネ設備に毎年10兆円補助金、
 新幹線の整備に毎年1兆円、森林整備に毎年1兆円、低所得者に毎年5兆円、
 年金、失業保険、健康保険の低所得者分を国庫負担になど。
・アジアなどへも毎年何十兆円か投資して、短期的な円安によるインフレ効果を狙う。
・国内に投資する分は、市場を回って貯蓄となるので、金余りは避けられない。
・長期間続けると、その業界の国際競争力低下に繋がる。

案3−量的緩和の効果でインフレを目指すパターン
・ひたすら銀行などから国債などを買い取り、銀行に個人や企業に融資してもらう。
・大企業は余剰金を持ってるので、資金需要が少ない。
・需要ができないことには、設備投資をしても回収できないし、人も雇えない。
・結局余ったお金がバブルを作り出す。

352:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 17:33:50 ID:sh3Zhpcn

>>346
案1B−増税&財政出動して、需給ギャップを埋めることでインフレを目指すパターン
・需給ギャップを埋めるために増税&財政出動をする。
・日銀による国債買取はないので、量的緩和によるインフレ効果はない。
・金余りやバブルの発生は抑えられる。
・富裕層に課税する方法があまりないのでどうやって税収を確保するかが課題。
 消費税は4年間使えない。
・今の民主党が目指しているのは、案1B+案3の組み合わせ。

案2B−多額の日銀買取&財政出動でインフレを目指し、対外投資で金余りを抑制するパターン
・アジアなどへの投資を、国が行うのではなく、企業が銀行から借りて行うようにする。
 それによって、金余りを抑制する。
・毎年何十兆円もアジアに投資してアジアでバブルにならないか疑問。
・何十兆円も投資する市場がアジアにあるかが謎。
 無理矢理投資したとしても、採算が取れるのか謎。

348:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 17:22:39 ID:ujFR//uo

10銭単位で勝負している世界だから、2円動けば暴落ですwww

373:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 19:12:48 ID:sh3Zhpcn

需給ギャップの大幅マイナスは長期化するのか
http://www.nli-research.co.jp/report/econo_letter/2009/we090626.pdf

> 足もとの需要不足の規模が非常に大きいため、需給ギャップの解消には 5 年以上かかり、
> それに伴いデフレも長期化するという予想も少なくない。
> ここで、潜在成長率が 1%程度(四半期毎の成長率は前期比 0.25%程度)、四半期毎の成長率が
> 今後 5 年間、年率 2%程度(前期比 0.5%程度)で推移した場合を考えると、需給ギャップの
> マイ ナス幅は四半期ごとに 0.25%程度(0.5%-0.25%)、1 年間で 1%程度しか縮小しないため、
> 需給 ギャップの解消には 8 年かかることになる。

この資料、需給ギャップと物価の関係とかがよくまとまってる。
8年もデフレが続いて、税収が少ない状態が続くと、毎年50兆円近い国債発行になって、
国債残高は1100兆円まで、債務超過は700兆円まで膨らむことになるか。
地方債の200兆円もあるし、さすがに国民の信用維持は難しいか?

で、増えた400兆円分はデフレだから、主に国民が溜め込むことになり、
国民の資産は1800兆円まで膨らむことになるかな?


374:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 19:27:24 ID:zVJr4uto

国債は、公的部門(日銀、公的年金など)、個人、銀行、保険会社などに保有されていて、毎年10兆円近い利子負担がある。
国民の為に使うべき公金から、個人、銀行、保険会社などへ利子負担する事は、直接・間接的に小資本家から大資本家への富の移転になっている。

国の借金が増加すると利子負担も増加して、国の財政が硬直化していく。
また、国の1つの役割である富の再分配機能が弱体化する。

毎年1%の資産課税をするだけで、毎年十数兆円の税収が得られる。
資産課税での税収を社会保障、社会資本の整備、国債の償還などに充当すればよい。
例えば、
資産課税で資産の多くを所有する高齢者から主に回収した税収を高齢者の介護・医療・年金などに使用すれば、
高齢者は安定的な福祉サービスを受けられる上、若年者は介護・医療などでの雇用が増える。
高齢者から若年者への富の移転がされるので、若年者の消費による内需も期待できる。

近年の過度な所得累進緩和・庶民負担増等で生じた世代内格差や世代間格差を資産課税で緩和できる。

資産課税は担税力を考慮している上、景気の影響を受けにくく、安定的な税収が得られる。

資産課税なら株や外貨建て資産などインフレに比較的強い資産にも
現預金や債券などインフレに比較的弱い資産にも中立的に課税できる。

景気回復後も消費税増税ではなく、毎年数%の資産課税を導入するべき。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1225001122/

379:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 20:10:02 ID:sh3Zhpcn

>>374
資産課税は、タンス預金を把握できないと課税できないから、
銀行預金や投資をやめて、タンス預金に変えてしまう人が増えて、
信用創造が起きなくなり、お金が回らなくなるのでは?

381:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 20:24:25 ID:zVJr4uto

>>379
現金にも毎年数%の資産課税をするからタンス預金は増えない。
現金は、電子マネーを導入するなり、ICチップを埋め込んだ紙幣・カードを導入するなりして、毎年数%ずつ減価させればよい。

株や債券や預金など他の資産で保有しても毎年数%の資産課税されるのだし。

銀行預金は、ほぼ元本保証だし、強盗や火災で失う可能性もないから、
名目金利−資産税率がマイナスになったとしても、資産の安全な保管料として納得し、銀行預金をする層は必ずいる。

資産課税で課税されたくない人は、物やサービスを消費して自己投資すればよい。
資産を増やしたい人は、資産税率以上の運用利回りを確保すれば資産を増やすことが可能です。
資産を安全に管理したい人は、資産税を資産の安全な管理料として納得し、銀行預金などをすればよい。

毎年1%の資産課税をするだけで、毎年十数兆円の税収が得られる。
近年の過度な所得累進緩和・庶民負担増等で生じた世代内格差や世代間格差を資産課税で緩和できる。
資産課税は担税力を考慮している上、景気の影響を受けにくく、安定的な税収が得られる。

景気回復後も消費税増税ではなく、毎年数%の資産課税を導入するべき。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1225001122/

380:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 20:15:20 ID:ujFR//uo

日本の資産課税は先進国30か国中13位と十分取られている。
しかも、デフレ時に増税はあり得ない政策ww
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/018.htm

383:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 20:27:54 ID:zVJr4uto

>>380
日本は貯蓄過剰で消費不足なのだから消費税ではなく資産課税を導入するべき。
資産課税にて消費性向に低い層から回収した税収を消費性向の高い層へばら撒けば、需要が増える。

一人で稼ぎ過ぎ・溜め込み過ぎる人がいると、誰かの稼ぎを奪ってしまうので、
国が借金して社会保障や公共事業などで、失業者などパイから溢れた人を救済する必要が出てきて、国の財政が悪化する。

資本主義は、小資本より大資本により多くのお金が集まるので、資産家・法人に滞留しているお金を小資本家にばら撒かないと富が偏在しすぎて経済が回らなくなる。

近年は、累進緩和・法人税減税する一方、資産家・法人に滞留しているお金を国が借金して公共事業などで強制的に小資本家へばら撒いてきた。
国が借金にて小資本家にばら撒けないのであれば、資産課税・所得の累進課税強化にて小資本家にばら撒く必要がある。

資産課税で課税されたくない人は、物やサービスを消費して自己投資すればよい。
資産を増やしたい人は、資産税率以上の運用利回りを確保すれば資産を増やすことが可能です。
資産を安全に管理したい人は、資産税を資産の安全な管理料として納得し、銀行預金などをすればよい。

毎年1%の資産課税をするだけで、毎年十数兆円の税収が得られる。
近年の過度な所得累進緩和・庶民負担増等で生じた世代内格差や世代間格差を資産課税で緩和できる。
資産課税は担税力を考慮している上、景気の影響を受けにくく、安定的な税収が得られる。

景気回復後も消費税増税ではなく、毎年数%の資産課税を導入するべき。
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/market/1225001122/


382:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 20:26:27 ID:mCmkmQeq

ところで、景気回復なんてあるのかい?

384:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 20:58:43 ID:zVJr4uto

米紙「日本の失われた10年は自民党が消費税を導入したのが原因、俺たちは同じ轍は踏まない」
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1262640522/

399:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 22:55:18 ID:qQouqJQy

世界で一番手堅い日本の国債が暴落すれば

世界の経済活動はおわるだろ

403:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 23:02:48 ID:s2RvDFN9

>>399
ちょっと間違ってるね。
国債暴落はまず有り得ない。代わりに円の暴落はあるけどね。
あと円が通貨危機を起こしてもせいぜいアジア危機を起こす程度の
影響力しかない。世界の経済活動を終わらせるには不十分。

だけど通貨を防衛するために外貨準備高と、民間の抱えている対外資産を
政府が差し押さえ為替市場に突っ込んだ瞬間に世界は終わる。

411:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 00:34:05 ID:plfnxIbC

暴落は確定
問題はいつ暴落するかで暗闘中だな

416:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 05:09:38 ID:7LhocBFy

>>411
暴落するのは国債じゃなくて通貨だろ。
仮に海外のヘッジファンドが国債の暴落を仕掛けてきても、
日本の金融機関や機関投資家がそれに呼応するとは考えにくい。

と言っても今までのように積極的に買え支えることもせずに、
静観しとるだろうけどね。つまり日銀vs海外ファンドになるけど、
日銀相手に海外ファンドが勝てるわけもない。

その代償として円安に振れるだろうけど、
日本の経済規模から考えて1ドル150円になっても、
物価は1割も上がらないから、特に国内は混乱しないよ。

418:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 06:31:44 ID:p5QTdUm+

>>416
残念ながら、その前提が崩れてきているのです。
老齢世代の預金の取り崩し、若年世代の無貯蓄化が止められないからです。
預金が取り崩されれば、嫌でも日本国債は売却しなくてはいけなくなります。
逆に若年世代の無貯蓄化は新規の預金獲得が困難になることを意味しています。
海外の金融機関が注目しているのもそこです。

426:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 07:22:40 ID:7LhocBFy

>>418
じゃ通貨危機の発生だね。
1ドル200円の到来も近い。
輸出企業やサービス業はウハウハだ。

412:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 01:06:13 ID:xCvlJzf/

暴落したら国債回収しまくれ!

414:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 03:18:17 ID:VYnmdgzL

まあ今年は相変わらず中国が伸びるから

円安傾向は間違いないんじゃないですか

415:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 03:23:49 ID:p87eawVl

日本人は暴落しても買うんだよ
経済危機以降、米国債に対してずっとやってきただろ
ドル刷りまくってFRBが買い上げるとか、もう債権国への宣戦布告
と完全に同義だけど、それでも文句一つ言わないでな
いやニクソンショック以来変わらずと言うべきか

419:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 06:44:42 ID:EfSlO7gr

マクロ経済学を学べばわかるけど、貯蓄を行うのは家計だけじゃない。企業だって貯蓄を行う。
そして国全体の毎年の貯蓄は貿易収支や所得収支を束ねた経常収支の黒字幅に現れる。
家計貯蓄率が減少する中で、日本が未だに経常黒字を計上し続けていられる理由は、
企業部門が大幅な貯蓄超過に陥っているからに他ならない。
家計貯蓄だけ見てるレベルじゃまだまだ反論にはならないよ。市場はその辺正直だよね。

420:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 06:48:06 ID:EBqEOFH/

>>419
マクロ経済()ってくらい、後付けなんだけど、
文系アホじゃないの。

427:名刺は切らしておりまして:2010/01/06(水) 07:34:16 ID:u8YaqsxC

>ヘイマン・アドバイザーズのカイル・バース氏は、
>「(日本の国債価格の暴落は)必ず起きる。問題はいつ起こるかだ」と語った。
>同氏は起こる方に賭けている。

カイル・バース
2006年9月、サブプライム予測して120億円を空売り。利益660億円を出した。




コメント一覧

    • 1. 山師さん@閲覧中
    • 2010年01月06日 18:26
    • 札割れしそうになったら日銀に買いオペさせりゃいいじゃん。
      インフレになる?
      このデフレのご時世にインフレ心配してどうする。
    • 2. ちんぽ
    • 2010年01月06日 19:00
    • ちょっと何言ってるか分からん。
      高卒の俺にわかりやすく説明して下さい。
    • 3. 山師さん@閲覧中
    • 2010年01月06日 20:15
    • サブプライムが実際すべて不良債権化したらアメリカのGDP比何パーセントになるんだろうね。

      >>CDSに投資した方が利益でるんでね?
      >>政権交代してからもう50%近く上がってるし

      死亡フラグ立ってるw
      やっぱり1−2年以内に第2波来るよな。
    • 4. 山師さん@閲覧中
    • 2010年01月06日 20:42
    • 日本に賭けるより米に賭けろよ
    • 5. 山師さん@閲覧中
    • 2010年01月06日 21:20
    • >「(日本の国債価格の暴落は)必ず起きる。問題はいつ起こるかだ」と語った

      それがわかれば苦労はしないよw
    • 6.
    • 2010年01月07日 09:36
    • とある生保のうたい文句が「我々は国債で運用しています!」だからな。
      ぶっちゃけ物価の上昇が起きたとしても金利がそれよりも下の状況が長期間続かない限り国債が暴落する事はありえないよw
      暴落すると思ってる奴は現場を見て無い奴w
    • 7. 山師さん@閲覧中
    • 2010年01月07日 11:30
    • この外人、日本国債の全てが体内債務(世界でもほぼ日本唯一)で、日本の金融資産が5000兆円あって、実質金利が高いことを知らないんだろうな。慢性デフレ経済下での投資経験もノウハウないだろうし。というか、それをきちんと指摘する国内メディアやレポートが極端に少ないからな。
      後、保険屋が株式運用比率を近々下げざる得なくなることも知らないんだろう。
      EUとか、英のソブリン債などと同じ同じ感覚でやってると爆死するんだが。
      ハ、そうか、こうあおって日本株吊り上げか?
    • 8. 山師さん@閲覧中
    • 2010年01月07日 17:49
    • 236:名刺は切らしておりまして:2010/01/05(火) 08:01:00 ID:a4K2oKu9

      日米の対外純資産(公的+民間 2008年末、為替レートはIFSレート)

      日本 225.5兆円
      アメリカ −278.4兆円

      日本国債の売り仕掛けよりもアメリカ国債暴落に賭ける方が楽勝なんですけどw


      そのうちのどれだけが
      実際に売ることのできない押し付けられたクズ国債なの?
    • 9. 山師さん@閲覧中
    • 2010年02月11日 16:56
    • デフレ化で銀行に預金がつみあげって、行き先のないお金が国債に流れ込んでいる以上、暴落はないでしょう。カイル・バースも日本国内の金融事情を真に理解していないようです。こいつは、多分負けます。
    • 10. 山師さん@閲覧中
    • 2011年10月21日 00:31
    • とても魅力的な記事でした!!
      また遊びに来ます!!
      ありがとうございます。。
    • 11. obsespohachw
    • 2012年11月01日 15:16
    • 2 あなたはそれを見ましたか!
      http://webdult.co.cc/375 - 離婚した少女ポルノ
      http://selljob.ru/?с=r&q=%D1%80%D0%B0%D0%B1%D0%BE%D1%82%D0%B0+%D0%B2+%D1%82%D1%8E%D0%BC%D0%B5%D0%BD%D0%B8+%D0%B2%D0%B0%D1%85%D1%82%D0%BE%D0%B9+%D1%81%D0%B2%D0%B0%D1%80%D1%89%D0%B8%D0%BA+%D0%BF+%D0%B0%D0%BD%D1%82%D0%B8%D0%BF%D0%B8%D0%BD%D0%BE - работа в тюмени вахтой сварщик п антипино
      このフォーラムの管理者とのビデオがYouTubeにアップロードされました!

      ここで、 URLは次のとおりです。
      (今日でobsespohachにより削除)
      ---
      を追加しました:
      申し訳ありませんが、それがYouTubeに削除されました!
      ここに動画をアップロードしました:
      http://webdult.co.cc/admin_yamashi3.livedoor.biz/videos522
      http://selljob.ru/?с=r&q=%D1%8E%D1%80%D0%B8%D1%81%D1%82+%D1%83%D0%BA%D1%80%D0%B0%D0%B8%D0%BD%D1%8B+%D0%B2%D0%B0%D0%BA%D0%B0%D0%BD%D1%81%D0%B8%D0%B8 - юрист украины вакансии

      だから、ヒーロー...
      あなたはその後、あなたの両親にも言うであろうか?
    • 12. WeborGoldg
    • 2012年12月01日 19:00
    • 4 Приветствую всех

      Непонятно отчего у нас не желают узаконить проституцию. Ведь даже от незаконных публичных домов замечается заметная доход. На интим услуги желание была и будет вечно. воспрещениями от древнейшей профессии не спастись. Так пусть уж правильнее проститутки Москвы будут находиться в борделях, где-либо реально короче контролировать их на вопрос болячек, чем они сейчас таятся по аркам и очень часто делают обслуживание в абсолютной грязи <a href=http://www.mashki.ru>проститутки за 40 </a>. И посетителю удобно, что вместе или такому же адресу будут торчать как традиционные давалки, так и транссексуалы Москвы. но ежели еще и налоги с них официально выжимать, так и республике хватит польза.

      С уважением ваш друг Лада
    • 13. boiftfoed
    • 2012年12月02日 12:57
    • 3 をどのようにか。私の名前はイヴリンです
      私はHaitiHに住んでいる
      私は私の友人が歌ったり踊ったり、そしてもちろんのが大好き

      私は友達を見つけたい!

      私fotoから <b>vk.com</b>
      <img>http://xn--c1aeb8eua.xn--p1ai/uploads/girl/277.jpg</img>


      だから、チャットすることができます

      Twitterであなたの写真を送ってください! http://twitter.com/linkmo2

      <b>ICQ</b>: 325243796

      __

      この写真は、申し訳ございませんが、破損しています!

      ああ、ここにすべての私の写真:

      <a href=http://findfriends.at/58foto.html>My Foto</a>